シマノのロードバイク向けコンポーネントの互換性まとめ

最終更新日: 2023/11/26

公開日: 2020/11/12

グレードの違いや世代の違いでいろんなパーツがあって混乱しがちなシマノのロードバイク向けコンポーネント。今回は、シマノコンポーネントの互換性の傾向についてまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

ブレーキは互換性が一番広い

ブレーキは、シマノのロードバイク向けパーツの中でも最も互換性が高いパーツです。基本的には、STIレバーが対応してれば基本上下グレードで互換します。

例えば、エントリーグレードのCLARISのSTIレバーでも、最上位のDURA-ACEのブレーキに対応することがあります。

ブレーキは新品でも価格がそこまで高くないので、単体でのアップグレードしやすいパーツ言えます。

ドライブトレインは、フロント・リアの段数が同じなら上下互換がある

コンポーネント周りでパーツのアップグレードで人気なのはドライブトレイン(スピード段数)のアップグレード。

見た目だけでなく、変速数が増えることで走りの幅が増えるため、「ロードバイクのアップグレード = 変速周りのアップグレード」という方が多いでしょう。

シマノのロードバイク向けコンポーネントでは、変速段数は、

  • 2x12速(DURA-ACE,ULTEGRA,105)
  • 2x11速(DURA-ACE,ULTEGRA,105)
  • 2x10速(ULTEGRA,105,TIAGRA)
  • 3x10速(ULTEGRA,105,TIAGRA)
  • 2x9速(SORA)
  • 3x9速(SORA)
  • 2x8速(CLARIS)
  • 3x8速(CLARIS)

と言う組み合わせがあります。

DURA-ACE、ULTEGRA、105は2x12速同士で上下互換がある

シマノのロードバイクの最新モデルであるDURA-ACE・R9200シリーズと、ULTEGRA・R8100シリーズ、そして105・R7100シリーズは上下で互換性があります。

後述するDURA-ACE・R9100シリーズやULTEGRA・R8000シリーズ、105・R7000シリーズは、2x11速のため、変速系の互換性はありません。

旧DURA-ACE、旧ULTEGRA、旧105は2x11速同士で上下互換がある

同じ2x11速同士になる旧DURA-ACE・R9100シリーズ、旧ULTEGRA・R8000シリーズ、105のパーツは、同じ変速数であれば互換性があります。

ただし、同じ105でも最新シリーズであるR7000系と5800系は2x11速用で5700系は2x10速なので、ここに互換がありません。

旧ULTEGRA、旧105、TIAGRAは2x10速同士で上下互換がある

同じ2x10速同士になるULTEGRA、105、TIAGRAのパーツ同士は、同じ変速数であれば一部に互換性があります。ただし、現行のTIAGRA・4700シリーズ2x10速だけは、ULTEGRA:6700系、105:5700系、そして旧TIAGRA・4600系と互換性がないため注意が必要です。

また、リア10速コンポーネントにはフロントが2速のモデル(2x10速)と3速のモデル(3x10速)がありますが、リアが同じ段数でもフロントの段数が違う場合は、STIレバー、フロントディレイラー、リアディレイラーがセットで交換する必要があるケースがあります。(フロントディレイラーとクランクのみの交換でOKな場合もあり)

SORA、CLARISは段数が独自なので互換性がない

SORA(2 or 3x9速)とCLARIS(2 or 3x8速)は、段数がそれぞれのグレードにしかないため、基本的には上下の互換がありません。

ただし、前述の通り、ブレーキについては上下互換が強いので使えるケースが多くなります。

FDとクランクは同じ段数で上下互換がある

フロント変速のパーツである、フロントディレイラーとクランクは、前後の段数が同じ場合は上下互換がある場合があります。ただし、旧モデルについては上位モデルとの互換がないケースなどもあります。

R世代とR世代の一つ前世代は互換があることが多い

これまで見てきた互換のケースの範囲内であれば、基本的には現行のR世代(XX-R0000)と一つ前のx800世代(XX-0800)は互換性があることが多くなります。

例えば、ULTEGRAのSTIレバーST-6800(x800世代)は105の最新フロントディレイラー・FD-R7000(R世代)と互換性があります。

これよりもさらに一つ世代が空いてしまうと互換性がないケースが多くなります。

同じ変速・世代でも互換性がないケース

Di2電動シフトコンポーネントの場合

シマノの機械式変速については、変速段数が同じであれば互換することが多いですが、確実に互換しないのが電動シフトDi2コンポーネントの場合です。

Di2コンポーネントの場合、

  1. STIレバー
  2. フロントディレイラー
  3. リアディレイラー

が専用のものが必要で、これら3つのパーツは機械式のパーツを流用出来ません。

ブレーキ方式が違う場合

現行のシマノのロードバイクのブレーキは、ブレーキキャリパーをワイヤーで動作させる従来の「機械式ブレーキ」と、STIレバー内部のオイルタンクの油圧差で動作させる「油圧式ブレーキ」の両方があります。

ブレーキ方式が違う場合、例えば同じシリーズ・同じ変速数だったとしても互換性がありません。

例えば、機械式ブレーキ向けのSTIレバーで油圧ブレーキキャリパーは動作させることが出来ませんし、油圧式のSTIレバーで機械式のブレーキキャリパーを引くことは出来ません。

なお、シマノのロード向けコンポーネントでは、基本的にはリムブレーキが機械式でディスクブレーキが油圧式(一部違いモデルもある)となります。


シマノのロードバイク向けコンポーネントの互換性を見てきました。こうして見ると、シマノのコンポーネントは互換性が高いので、パーツによって中古なども組み合わせると格安でロードバイクのアップグレードが出来そうです。

当然ですが、詳細なパーツごとの互換性はシマノの公式サイトで確認してください。

製品互換情報 - Shimano

シマノのロードバイク向けコンポーネントの互換性に関するよくある質問

Q.

シマノのロードバイク向けコンポの型番がわからない場合はどうする?

A.
シマノのコンポーネントは基本的にパーツのどこかに型番がプリントされています。もしプリントが消えてしまっていたら、形状やブランドロゴで確認するしかありません。
Q.

シマノの互換チャートにない組み合わせは絶対使えない?

A.
シマノの互換チャートにない組み合わせでも、場合によっては使えることもありますが、シマノが想定する性能(性動力、変速性能など)は出ないことが多いため、シマノの互換チャートにある組み合わせを使うのがベストです。
Q.

シマノのロード向けDi2は全てのパーツに互換性がある?

A.

シマノのロード向けDi2は、世代によってシステムを構築するのに必要なパーツや、パーツの組み合わせが異なるため、パーツによって互換性があります。

Di2コンポでロードバイクを組む時は、シマノの互換チャートに記載の組み合わせでパーツを揃えましょう。

Q.

ロード向けディスクコンポとリムブレーキコンポを組み合わせて使うことができる?

A.

パーツによっては可能です。

ロード向けコンポの場合、基本となるのがSTIレバーで、STIレバーが機械式であればリムブレーキを使うことができますし、逆にSTIレバーが油圧式だったとしても、機械式シフトで変速数が同じであれば、リムブレーキ用に多い、機械式のディレイラーなどを組み合わせて使うことができます。

スポンサーリンク

コンポーネントについてもっと知ろう

ブレーキについてもっと知ろう

スプロケットについてもっと知ろう

電動コンポーネント・スタートガイド

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

10% OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 10%OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品が10%OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る
¥100 OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 100円OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品(空気入れ)が100円OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス