【メーカー別】油圧ブレーキのオイル種類と特徴、メリット・デメリット

公開日: 2024/03/27

自転車の油圧ブレーキで使われる油圧オイルの種類とそれぞれの特徴、メーカーごとのブレーキオイルの種類を解説します。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

自転車の油圧ブレーキには、対応するブレーキオイルが必要

自転車の油圧ブレーキは、メーカーごとに使っているオイルが異なりますが、

  1. ミネラルオイル
  2. DOTオイル

の2種類が採用されています。

仕組み的には、極端に言えば水でも使えるのですが、水は沸点が低いためブレーキの放熱や気温によってブレーキシステム中の水が空気になってしまい、適切な圧力を生み出せなくなってしまいます。

そこで沸点が高く、揮発性が低い油が選ばれるわけですが、油圧オイルは種類によってブレーキの品質やメンテナンス性に関わる沸点や吸湿性などの特性が異なります。

項目 DOTオイル ミネラルオイル
主な採用メーカー SRAM、HAYESなど シマノ、カンパニョーロなど
主成分 グリコール
シリコン
鉱物油
沸点 200℃以上 200℃以上
粘度 低い 低い
吸湿性 高い 低い
腐食性 高い 低い

ミネラルオイルの特性とメリット・デメリット

現在の自転車の油圧ブレーキシステムの主流がミネラルオイル。シマノの油圧ブレーキもミネラルオイルを採用しています。

ミネラルオイルは吸湿性が低いため長期間使っていても性質を保持できるメリットがあります。DOTオイルよりも沸点は低めとされますが、シマノのミネラルオイルは200℃以上とされています1

メリット デメリット
吸湿性が低く、長期間使用可能
腐食性が低く、塗装や金属を腐食しない
価格が高い

DOTオイルの特性とメリット・デメリット

オートバイや自動車の油圧ブレーキにも使われているのがDOTオイル。

吸湿性が高いため時間が経つと沸点が下がってしまう特性があります。また、オイルによってはあまりに長期間放置するとゼリー状に固まってしまうケースもあり、定期的な交換が必要です。

一言にDOTオイルと言っても「DOT3」「DOT4」「DOT5」「DOT5.1」など複数種類があります。自転車の油圧ブレーキで使われているのは、主に「DOT5.1」と「DOT4」です。

「DOT5.1」になるとドライ沸点(新品時)が260度以上となり、高温でも安定します。

メリット デメリット
沸点が高い
価格が安い
入手性が良い
吸湿性が高く、定期的な交換が必要
腐食性が高く、塗装や金属を腐食する可能性がある

なお、オートバイや自動車用のDOTオイルを自転車の油圧ブレーキに使うこと自体はできると言われますが、成分や配合が異なるため、ほとんどのパーツメーカーは非推奨です。オイルの成分が異なると、正しい制動力が出なかったり、故障の原因になると言われています。

メーカー別・油圧ブレーキのオイル種類

自転車用ブレーキ・メーカー各社の、油圧ブレーキの採用オイルの種類は下記の通りになります。

メーカー ミネラルオイル DOTオイル
シマノ ⚪︎ -
SRAM - ⚪︎
カンパニョーロ ⚪︎ -
TEKTRO ⚪︎ -
MAGURA ⚪︎ -
HOPE - ⚪︎
HAYES - ⚪︎

メーカー各社、自社の油圧ブレーキシステムがベストな状態になるように、ブレーキオイルを調合しているため、基本的にはメーカー純正の油圧ブレーキオイルを使うのがベストです。

スポンサーリンク

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

10% OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 10%OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品が10%OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る
¥100 OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 100円OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品(空気入れ)が100円OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス