SRAMのスプロケットの互換性まとめ

公開日: 2024/04/10

SRAMのロードバイク、MTB向けスプロケットの互換性を解説。互換するドライブトレイン、ホイールを見つけることができます。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

SRAMのスプロケットの互換性

SRAMのスプロケットは、

  1. ホイール(フリーボディ)
  2. ドライブトレイン

の二つの互換性があります。

SRAMのスプロケットとホイール(フリーボディ)の互換性

SRAMのスプロケットには、対応するフリーボディごとに3種類の互換性があります。

  1. SRAM XDRドライバー
  2. SRAM XDドライバー
  3. シマノ HG Spline

かつて、SRAMはシマノのドライブトレインと互換するパーツを製造していたため、旧モデルのスプロケットと、現行モデルの一部のスプロケットはシマノの「HG Spline(いわゆる、シマノフリー)」と呼ばれるフリーボディ規格で製造されています。

その後、SRAMはMTB向けの「SRAM XDドライバー」という独自のフリーボディを発表。ロード向けにはXDドライバーを拡張した「SRAM XDRドライバー」を発表しています。

SRAMの現行スプロケットは、基本はXDドライバーとXDRドライバーがメインとなっていますが、従来のフリーボディ規格のホイールにも対応させるために、一部はシマノ HG Splineのスプロケットも存在します。

スプロケットがどのフリーボディ規格になっているかは製品ごとに異なるため、自分のホイールに合った製品を選ぶことになります。

SRAMのスプロケットとドライブトレインの互換性

SRAMのスプロケットとドライブトレインの互換性は、「スプロケット・チェーンリング・テクノロジー」を確認します。

SRAMの現行ドライブトレインのスプロケット・チェーンリング・テクノロジーには以下の3種類があり、対応するドライブトレインが異なります。

  1. PowerGlide/PowerGlide 2(PG
  2. X-GLIDE/X-GLIDE 2(XG)
  3. X-SYNC(XS)

PowerGlideとX-Glideについては、基本的には互換性があります。ミドルグレード以下がPowerGlideのスプロケット、ミドルグレード以上がX-GLIDE採用モデルとなり、X-GLIDE 2は主にフロントシングル向けに使われます。

一方で、X-SYNCはSRAMの新しいコンポーネントである「Eagle Transmission」専用スプロケットが採用するスプロケット・チェーンリング・テクノロジーで、従来のPowerGlide、X-GLIDEと互換性がありません。

なお、SRAMのスプロケットは、型番に採用しているスプロケット・テクノロジーの頭文字を使うため(例:XG-1290)、どのテクノロジーか型番で判断することができます。

コンポ PowerGlide/2 X-GLIDE/2 X-SYNC
ロード -
MTB(Eagle) -
MTB(Eagle Transmission) - -

なお、スプロケット・チェーンリング・テクノロジーは、スプロケットだけでなくフロントチェーンリング、チェーンにも採用されており、それぞれ互換性がある組み合わせで使う必要があります。

スポンサーリンク

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

10% OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 10%OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品が10%OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る
¥100 OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 100円OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品(空気入れ)が100円OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス