シマノのグラベルロード向けコンポーネント・GRXのラインアップと特徴

公開日: 2021年1月8日

シマノのグラベルロード向けコンポーネント・GRXのラインアップと特徴、GRXを選ぶメリット・デメリットについてまとめました。

スポンサーリンク

シマノのグラベル向けコンポ・GRXシリーズとは?

GRXの特徴

シマノのGRXは、ロードバイク、MTBなどに続く新しいジャンル「グラベルロードバイク」向けのコンポーネントグレードです。

GRX | シマノ

グラベルロードと通常のロードバイクの違いは、想定される走行環境。

ロードバイクは塗装された道路を走る前提、MTBは山岳などの悪路を走る前提ですが、グラベルロードは「塗装された道路」も「ある程度の悪路」も走れるように考えられた自転車です。ロードバイクとMTBの中間という位置付けになります。

GRXはそんなグラベルに最適化されたコンポなので、ロードの特徴とMTBの特徴をうまく融合させているのが特徴です。

GRXのラインアップ

シマノのロードバイク向けコンポだと、DURA-ACEを筆頭に、ULTEGRAなど現在では7つのグレードがあります。

一方で、2021年現在、シマノのグラベルコンポはGRXグレードのみで、GRXの中に、

  • GRX Di2(電動コンポ)
  • GRX 11スピード
  • GRX 10スピード

の3つのラインが用意されています。

それぞれの違いは「変速段数」「電動コンポ」「フロントシングル」「ドロッパーポスト操作」の4つで、全てのラインでブレーキは油圧式ディスクブレーキになっており、ロードバイクで定番のキャリパーブレーキやMTBなどで多いVブレーキのラインアップはありません。

モデル 型番 変速段数 電動コンポ フロントシングル ドロッパーポスト操作
GRX Di2 RX-815 1x11s、2x11s x
GRX 11スピード RX-810、RX-600 1x11s、2x11s x
GRX 10スピード RX-400(一部パーツはRX-600系) 1x10s、2x110s x x

GRXとロード向けコンポとの違い

GRXとロードバイク向けコンポの違いは、

  1. 対応タイヤサイズ
  2. 対応スプロケット・チェーンリング歯数
  3. STIレバーの形状

などです。

GRXはロードバイクよりも太いタイヤ、ワイドレシオなスプロケット・チェーンリング、悪路に最適化されたレバー形状に対応しています。

ただ、GRXはロードバイク向けコンポとミックスして使うことが可能で、シマノの互換表を見るとGRXシリーズは、同じ変速段数であれば基本的に現行のロードバイク向けコンポーネントと互換性があります。

シマノのロード向けコンポと互換性があるGRX

また、スプロケットやBBなどはロードバイク向けのものと共用になっているため、

  1. ロードバイク向けのコンポにGRXパーツを組み入れる
  2. GRXにロードバイクパーツを組み入れる

ということが可能です。

ロードバイクコンポとの互換性が広いため、かなり自由度が高いコンポと言えます。

GRXを選ぶメリット

走りの幅が広い

GRXは全て油圧ディスクブレーキを採用していたり、ワイドレシオスプロケットに対応していたりと、ロードバイクよりもMTBに近いコンポです。しかし、ライドスタイルはロードバイクと同じドロップハンドルで使う前提なので、走り心地はMTBではなくロードバイクになっています。

ロードバイクよりも悪路に最適化されていて、MTBよりも舗装道路を高速巡航できるため、走りを幅が広いのが大きなメリットです。

フロントシングル対応で変速トラブルが減る

GRXはフロントシングル(フロント1速)に対応しているため、楽でチェーン落ちなどの変速トラブルを軽減させることができます。

また、フロントシングルはメンテナンス性も高く、シフトチェンジも容易なので、乗りやすいのが特等です。

GRXを選ぶデメリット

コンポの選択肢が狭い

GRXはまだ新しい「グラベルロード」というジャンルのコンポなので、選択肢が3つしかなく、ロードバイクのように「エントリーからプロユース」まで幅広くカバーされていないのがデメリット。

パーツの価格的には105グレードよりちょっと下くらいなので、DURA-ACEのようにホビーユーザーが手を出しにくいグレードではないですが、エントリー向けバイクが欲しいユーザーにとっては少々選択肢が狭く感じるかもしれません。

ディスクブレーキ対応フレーム・ホイールが必要

GRXのSTIレバーは全て油圧ディスクブレーキモデルになっているので、搭載するフレーム・ホイールもディスクブレーキ対応モデルが必要となります。

もちろん、現行のキャリパーブレーキ向けのロードバイクの中にGRXを組み込んでグラベル仕様にすることは可能ですが、全てGRXで揃えようとすると、フレーム・ホイールの交換が必要で、アップグレードコストが高額になります。


シマノのGRXについて見てきました。

グラベルロード自体がここ数年で盛り上がりを見せているジャンルなので、シマノのGRXもある意味「これからのグレード」と言えます。

ロードバイクをグラベル仕様にしたり、最初からGRXでコンポを揃えたりと、カスタマイズの自由度もあるので、これからが楽しみですね。

スポンサーリンク

最新セール

特別価格 クーポンを見る

イオンバイク

イオンバイク 台数限定セール

イオンバイクで5/20から5/29までの台数限定セールが開催。今回は、クロスバイク、eバイク、電動アシスト自転車、子供乗せ電動アシスト自転車、シティサイクルが台数限定特別価格に!

2022年5月29日 23:59:59まで

セールページを見る
限定 特価 クーポンを見る

バイチャリ

車体・用品・パーツ 1000点以上値下げセール!

バイチャリのYahooショッピング店で、1000点以上が値下げされるセールが開催!中には50%OFFの特化アイテムも!滅多にないバイチャリのセール、お見逃しなく!

セールページを見る
特別価格 クーポンを見る

サイパラ

サイパラ 期間限定セール

サイクルパラダイスで5/18から期間限定セールが開催!対象の車体がサイパラ.comだけの特別価格に。5/25まで。

2022年5月25日 12:00:00まで

セールページを見る

最新クーポン

最大2,000円 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

5月24・25日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、5/24 20時から5/25まで使える、先着450名限定の最大2,000円OFFクーポンが配布!さらにポイント最大26倍!

2022年5月25日 23:59:59まで

クーポンを見る
CLEAR2022 ¥2,000 OFF

Chain Reaction Cycles

CRC クリアランスバウチャー

CRCでクリアランスアイテムを15,000円以上注文で追加で2,000円オフになるクリアランスバウチャーが配布中!

2023年1月1日 07:59:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス