ロード用ではダメ?MTB用携帯ポンプの選び方まとめ

公開日: 2024/02/27

MTB用の携帯ポンプについて、ロードバイク用との違いや選び方、主なメーカーの製品をまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

MTB用携帯ポンプはどんな製品?

スポーツ自転車用の携帯ポンプには「ハイボリューム(大容量)版」と「ハイプレッシャー(高圧)版」があります。そのうち、MTBに使われるのはハイボリューム(大容量)版です。

なぜ、MTBにはハイボリューム版が必要かというと、MTBはロードバイクやクロスバイクよりも圧倒的にタイヤが太いため、内部に溜める空気量も多くなるからです。

携帯ポンプが送出できる空気量は「シリンジの空気量 x プッシュ回数」で決まります。ハイボリューム版は一回の送出空気量が多く、ハイプレッシャー版は少ないという違いがあります。

例えば、TOPEAKのロード用携帯ポンプ「Racerocket HP Mini」の1プッシュあたりの空気量は22.2ccですが、MTB用の「MOUNTAIN MORPH」は101ccと5倍近く違います。つまり、MOUNTAIN MORPHを使えば、Racerocket HP Miniの1/5のプッシュ回数で済むということになります。

MTB用携帯ポンプとロードバイク用携帯ポンプの違い

具体的にどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

項目 MTB用 ロードバイク用
1プッシュの空気量 多い 少ない
サイズ 大きい 小さい
重量 重い 軽い

MTB用携帯ポンプは、一回の送出空気量が多い反面、重く、大きい(太い、もしくは長い)という特徴があります。これは空気を送り出すシリンジ部分が大きくないと、一回の送出空気量を増やせないためです。この点はMTB用携帯ポンプのデメリットと言えます。

一方で、MTBほどの空気量は必要ないロードバイク向け携帯ポンプは、空気量は少ないですが小型・軽量なモデルが多くなります。ロードバイクはなるべく荷物を減らして軽量で長距離を走るため、ジャージのポケットやツールボトルに入るサイズが人気です。

ロードバイク用の携帯ポンプも使えるが・・・

バルブタイプさえ同じであれば、ロードバイク用の携帯ポンプでMTBタイヤの空気を入れることも可能です。

ただし、先ほど解説した通り、MTBで2.2インチなどの太いタイヤを装着している場合は、走行可能な空気圧になるまでかなりのプッシュ数が必要になってしまいます。

例えば、MTB用携帯ポンプなら空気0から30psiにするのに100プッシュもあれば十分なケースが多いですが、ロードバイク用だと送出空気量が1/5程度になるため、5倍の500プッシュも必要になります。

ただでさえ、パンクでストレスがある状態で、500プッシュもするのはかなりの労力となるので、数千円のものでも良いので送出空気量が大きい携帯ポンプを持っていた方が精神衛生上も良いでしょう。

主なMTB用携帯ポンプ

製品 空気量 最高圧 サイズ 重量
TOPEAK MEGA MORPH 291cc 160psi 678 x 84 x 60mm 1,100g
TOPEAK MOUNTAIN TT 90.9cc 120psi 220 x 50 x 40mm 192g
TOPEAK MOUNTAIN TT G 91cc 60psi 253 x 49 x 40mm 227g
TOPEAK MOUNTAIN DIGITAL 2STAGE 84cc 非公開 260 x 47 x 35mm 220g
TOPEAK MOUNTAIN MORPH 101cc 160psi 322 x 58 x 30mm 250g
LEZYNE MICRO FLOOR DRIVE DIGITAL HVG 非公開 90psi 310 x 64.1 x 29.8mm 240g
LEZYNE CNC TUBELESS DRIVE 非公開 30psi 180 x 63.4 x 32mm 282.8g
LEZYNE MICRO FLOOR DRIVE XL 非公開 35psi 310 x 79 x 41.5mm 364g
LEZYNE MICRO FLOOR DRIVE HV 非公開 90psi 310 x 63 x 29.8mm 200.7g
LEZYNE MICRO FLOOR DRIVE HV 非公開 90psi 310 x 63 x 29.8mm 200.7g
LEZYNE GAUGE DRIVE HV 非公開 120psi 243 x 32 x 32mm 140g

TOPEAK

様々な種類の携帯ポンプを手がけるTOPEAK。MTB用の携帯ポンプのラインアップも非常に豊富です。

製品 空気量 最高圧 サイズ 重量
TOPEAK MEGA MORPH 291cc 160psi 678 x 84 x 60mm 1,100g
TOPEAK MOUNTAIN TT 90.9cc 120psi 220 x 50 x 40mm 192g
TOPEAK MOUNTAIN TT G 91cc 60psi 253 x 49 x 40mm 227g
TOPEAK MOUNTAIN DIGITAL 2STAGE 84cc 非公開 260 x 47 x 35mm 220g
TOPEAK MOUNTAIN MORPH 101cc 160psi 322 x 58 x 30mm 250g

中でも重量とサイズのバランスが良いのが「TOPEAK MOUNTAIN TT」。90ccの大ボリュームながらも200g未満で、価格も5,000円ほどと非常にリーズナブルです。

LEZYNE

こちらも自転車用アクセサリメーカーとして定番のLEZYNE。MTB用ポンプの種類も豊富で、フロアポンプ式のものや空気圧計付き、CO2インフレーターの口金としても使えるモデルなど、とにかくいろんな機能の携帯ポンプのラインアップがあるのが魅力です。

以下は主なMTB向け携帯ポンプを抜粋して掲載していますが、これ以外にも種類があります。

製品 空気量 最高圧 サイズ 重量
LEZYNE MICRO FLOOR DRIVE DIGITAL HVG 非公開 90psi 310 x 64.1 x 29.8mm 240g
LEZYNE CNC TUBELESS DRIVE 非公開 30psi 180 x 63.4 x 32mm 282.8g
LEZYNE MICRO FLOOR DRIVE XL 非公開 35psi 310 x 79 x 41.5mm 364g
LEZYNE MICRO FLOOR DRIVE HV 非公開 90psi 310 x 63 x 29.8mm 200.7g
LEZYNE MICRO FLOOR DRIVE HV 非公開 90psi 310 x 63 x 29.8mm 200.7g
LEZYNE GAUGE DRIVE HV 非公開 120psi 243 x 32 x 32mm 140g

LEZYNEの携帯ポンプは価格がやや高めですが、機能・サイズ、用途などを考えると、どれも非常に魅力的なMTB用携帯ポンプです。

スポンサーリンク

MTBコンポのアップグレードを検討しているなら

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

spring1000 1,000円 OFF

イオンバイク

イオンバイクモール 1,100円OFFクーポン

イオンバイクモールで、1万円以上の買い物で使える1,000円OFFクーポンが配布!3/1朝10時から4/15朝9:59まで

2024年4月15日 09:59まで

クーポンを見る
1,100円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイク楽天市場店 1,100円OFFクーポン

イオンバイクの楽天市場店で、4/14夜8時から4/17 9:59まで使える、税込20,000円以上で税込1,100円OFFクーポンが配布!先着200名まで。

2024年4月17日 09:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス