ロードバイクをグラベル化するときにチェックしたいポイント

更新日: 2022年4月13日

公開日: 2021年6月28日

舗装路もややオフロードも楽しめることで人気が上がっているグラベルロード。今回は、今乗っているロードバイクをグラベル化するときにチェックしたいポイントをまとめました。

スポンサーリンク

必ずチェックしたいポイント

タイヤクリアランスは十分か?

ロードバイクのグラベルロード化は、「ここをグラベルパーツにしたらグラベルと呼ぶ」といった明確なルールはありませんが、まず第一に考えるのがタイヤのワイド化でしょう。現在のロードバイクは25Cのタイヤが主流ですが、グラベルでは35Cや38Cと言った太いタイヤが選ばれます。

タイヤの交換自体は、通常のロードバイクのタイヤ交換と一緒ですが、問題はタイヤクリアランスです。自転車のタイヤクリアランスとは、タイヤとフレーム(シートステー、チェーンステー、BB周り)、タイヤとフォーク、それぞれの間隔のことを指します。

リムブレーキだとタイヤクリアランスが小さい

「タイヤのワイド化」というと、タイヤの幅だけが広がるだけかと思いがちですが、タイヤサイズの「00C」の数字部分は、ホイールのリムからタイヤの外周までの距離を示しているので、25Cのタイヤを35Cに交換すると、通常タイヤの高さが1cm増えます。

タイヤクリアランスが広めに取ってあるフレームなら問題ありませんが、リムブレーキのロードバイクはタイヤクリアランスが最大で28Cくらいにしてあることが多いため、そのままではフレームやフォークに干渉したり、リムブレーキと干渉します。グラベルロードにディスクブレーキ車が多いのも、この理由があるでしょう。

ロードバイクのタイヤをワイド化する際は、予めタイヤクリアランスを測っておきましょう。現状のタイヤとブレーキまでの距離を測って、-3〜5mmくらいまで最大タイヤサイズと考えておくと安全です。

パーツの耐久性やダート対策は万全か?

通勤用ロードをグラベル化するなら問題にはなりませんが、サイクリングやツーリングで砂利道を走るのであれば、泥などが詰まってしまったり、悪路でチェーンが暴れてチェーン落ちしてしまうことも考慮しておきたいところです。

グラベル用のコンポーネントにはダート対策(チェーン暴れ防止、泥混入防止)がしてあることが多いですが、ロード向けのコンポーネントは舗装路を走る前提で設計されているため、ダートにあまり強くありません。

MTBほどの本格的な獣道を走るのでなくても、非舗装の山道などを走るためのグラベル化であれば、砂利や泥を噛みやすく、チェーン落ちなどのトラブルの原因となる、

  1. リアディレイラー
  2. チェーンリング
  3. プーリーケージ

周りは、ダートに対応したコンポに交換しておきたいところです。

フロントチェーンリングは、フロントダブルでも問題ないですが、泥や砂利をチェーンが巻き上げて、フロント変速性能が落ちる可能性を考えると、ナローワイドのチェーンリングでフロントシングルに交換しておくと、チェーン落ちなどのフロントディレイラー関係のトラブルが劇的に改善します。

地味なカスタマイズですが、実はタイヤの次に地面に近いパーツであるプーリーケージは、長すぎると地面の障害物に当たってリアディレイラーを破損するリスクがあるので、注意しましょう。特にフロントシングルでリアをワイドレシオにすると、どうしてもプーリーケージが長いリアディレイラーを採用することになるので、地面からの距離をしっかり確保できるモデルを選ぶのがベストです。

コンポーネントの互換性

現在搭載されているロードバイクのコンポを部分的にグラベルコンポに換装するのであれば、パーツの互換性に注意しましょう。

シマノで言えば、グラベルコンポはGRXですが、GRXに互換するコンポーネントはシマノが公表しています。シマノの互換外の組み合わせでも動くこともありますが、細かい調整をする手間を考えたら、メーカー公式の互換性に合わせた方が安心です。

ホイールはワイドタイヤに対応しているか?

ロードバイクのグラベル化というと、真っ先に思い浮かべるのがグラベル用タイヤへの交換でしょう。その時に気をつけたいのがホイールのリムがワイドタイヤに対応しているかです。

ロードバイクのホイールは、「700C」といった外周サイズ以外にもリム幅のサイズ規格があり、リム幅によって推奨タイヤサイズが決まります。

例えば、シマノのエントリーホイールであるWH-RS100(通称・鉄下駄)は、リム幅が17Cで、推奨タイヤサイズは23Cから32Cとなっているため、グラベル用タイヤで定番の35Cタイヤは非推奨の組み合わせになります。

大手ホイールメーカーのグラベル用ホイールは、23Cなどのかなり太いリムを採用する代わりに、43Cなどの極太タイヤにも対応しているため、太いタイヤを装着したいのであれば、ホイールの交換も検討しましょう。

今のホイールのまま、タイヤだけグラベル化をする際は、Panaracerのグラベルキング(23Cから最大50Cまでラインアップ)のように、細いタイヤから太いタイヤまで対応しているメーカーからのラインアップから選ぶと、自分のホイールにマッチしたグラベルタイヤを選びやすくなります。

出来ればチェックしたポイント

装備品の強化

トラブルがそこまで多くない、もしくはトラブルの解決方法が手頃にある舗装路と違って、グラベルロードが走る前提の道は、店も人も少ないような場所が多くなります。

そうした場所では、パンク時も自分で対応する必要がありますし、山道を走るのであれば山では急な天気の変化が日常茶飯事です。また、市街地と違って、道に迷うととんでも無い方向に迷い込んでしまう可能性もあるので、スマホのナビは必須です。

山道を走るなら、急な天気の変化にも対応できるようにしておきたい

グラベルロードが活躍するような場所を走る際は、

  1. パンク修理キット(替えチューブ、携帯ポンプ)
  2. 雨具
  3. モバイルバッテリー・ケーブル

などを携行すると安心です。特に万が一の際に救急車を呼べるように、モバイルバッテリー・ケーブルは持っておいた方が良いでしょう。

積載量の増強

グラベル化したロードで、キャンプツーリングやロングライドサイクリングをするのであれば、荷物はフレームに収納した方が快適になります。

ロードバイクは、グラベルロードと比べて収納を増やすための「ダボ穴」が少ないので、大きめのフレームバッグ、サドルバッグをうまく使って積載量の増強するとライドが快適になります。

シティサイクルにはよくあるダボ穴がロードにはない

キャンプでは荷物は50L以上が良いとされるので、もしキャンプツーリングをするのであれば、

  1. ハンドルバッグ
  2. フレームバッグ
  3. サドルバッグ

などを組み合わせて、積載量を50Lまで増強しましょう。

キャンプツーリングをしない場合は、バッグの数を減らして調整していくと良いでしょう。

人気急上昇中!グラベルロードの世界

GRXについてもっと知ろう

スポンサーリンク

最新セール

特別価格 クーポンを見る

イオンバイク

イオンバイク 台数限定セール

イオンバイクで5/20から5/29までの台数限定セールが開催。今回は、クロスバイク、eバイク、電動アシスト自転車、子供乗せ電動アシスト自転車、シティサイクルが台数限定特別価格に!

2022年5月29日 23:59:59まで

セールページを見る
限定 特価 クーポンを見る

バイチャリ

車体・用品・パーツ 1000点以上値下げセール!

バイチャリのYahooショッピング店で、1000点以上が値下げされるセールが開催!中には50%OFFの特化アイテムも!滅多にないバイチャリのセール、お見逃しなく!

セールページを見る
特別価格 クーポンを見る

サイパラ

サイパラ 期間限定セール

サイクルパラダイスで5/18から期間限定セールが開催!対象の車体がサイパラ.comだけの特別価格に。5/25まで。

2022年5月25日 12:00:00まで

セールページを見る

最新クーポン

最大2,000円 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

5月24・25日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、5/24 20時から5/25まで使える、先着450名限定の最大2,000円OFFクーポンが配布!さらにポイント最大26倍!

2022年5月25日 23:59:59まで

クーポンを見る
CLEAR2022 ¥2,000 OFF

Chain Reaction Cycles

CRC クリアランスバウチャー

CRCでクリアランスアイテムを15,000円以上注文で追加で2,000円オフになるクリアランスバウチャーが配布中!

2023年1月1日 07:59:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス