フロントシングルのメリット・デメリットと主要メーカーのシングルクランクセットまとめ

更新日: 2022年11月15日

公開日: 2022年4月14日

MTBやグラベルロードバイクで採用が進んでいるフロント変速がない「フロントシングル」。フロントシングルのメリット・デメリットと、主要メーカーのシングルクランクセットをまとめました。

スポンサーリンク

フロントシングルのメリット

軽量化できる

フロントシングル化をすると、

  1. チェーンリング1枚分
  2. フロントディレイラー
  3. フロントシフトワイヤー

の分ですが、軽量化が出来ます。合計で200〜300gほどですが、他のコンポやパーツで同等の軽量化をしようと思うと、ホイールやクランクなど高価なパーツ交換になるため、「減らす」ことで軽量化できるフロントシングル化は、コスパが良い軽量化と言えます。

変速トラブルが減少

フロントが多段変速の場合、

  1. フロント変速不調
  2. リアの位置によって異音がする
  3. チェーン落ち

といった変速周りのトラブルを100%避けることは出来ません。もちろん、正しい整備やパーツ選びで気にならないほど減らすことが出来ますが、ナローワイドのフロントシングルチェーンリングを使えば、これらの心配を限りなく0に近づけることが出来ます。

メンテナンス・清掃がしやすい

フロントシングルになると、フロント周りがシンプルになるため、メンテナンスや清掃が非常に楽になります。

まずフロント変速がないので、フロントシフト周りはメンテナンスフリーです。リア変速と比較すると、フロント変速は調整がややシビアなので、メンテナンスに慣れていないロードバイク・クロスバイク初心者の方にとってメリットがあります。

また、フロントシングルは清掃もしやすくなります。チェーンリングが一枚なので、狭いところも吹きやすいですし、ナローワイドのチェーンリングは、多段変速用のチェーンリングと違って歯が鋭利になっていないため、清掃中にチェーンリングで手を切ったりすることもなくなります。

スポンサーリンク

フロントシングルのデメリット

ギア比の選択肢が狭い

フロントシングルは変速段数を減らすことになるので当然ですが、ギア比の選択肢が狭くなります。ただ、フロント多段変速の場合でも、ギア比が重複している組み合わせはあるため、単純に半分というよりは概ね3〜4割くらい減るイメージです。

ギア比の選択肢が狭い分、スプロケットでギア比の変化を出すことになりますが、ロー側の選択肢を広げるために11-34Tなどのワイドレシオにすると、ギア比の差が大きくなって細かい変速が出来なくなりますし、ナローワイドにしようとすると、ロー最大が小さくなってしまって坂が苦しくなります。

その意味では、「上りも楽に登れて、坂でもスピードを出せる」というフロント・ダブル変速で出来たことが、フロントシングルでは出来なくなってしまうことがあります。

ギアが「軽い」か「重い」に寄ってしまいがち

フロントシングルは最大・最小ギア比が「フロントチェーンリングの歯数」に大きく影響を受けてしまうのもデメリットです。

例えば、ロードバイク向けのリアディレイラーはロー最大が34Tくらいですが、フロントが40Tだと最小が1.17である程度の坂までは戦えますが、トップギアが3.6くらいしかないので、最高速度が犠牲になります。

逆に、トップギア比を増やそうとフロントチェーンリングを50Tなどの大きな歯にすると、トップスピードは出せるようになりますが、今度はロー最小ギア比が1.47になってしまうので、激坂は登れません。

このように、フロントのチェーンリングの歯数次第で「上り向け」か「速度向け」かが分かれてしまうのです。

コンポの選択肢が狭くなる

フロントチェーンリングを交換するだけなら、通常のロードバイク、MTB向けのフロント多段向けコンポのままでも、問題なくフロントシングル化は可能です。

しかし、ギア比の選択肢を広げようとスプロケットをワイドレシオにするとなると、途端にコンポの選択肢が狭くなります。

まず、MTBなどフロントシングルが定番化しているコンポの場合は、ワイドレシオ・スプロケットの選択肢は広めですが、ロードバイクはフロント・ダブル前提のコンポなので、スプロケットをワイドにしようとしても選択肢が限られます。

また、ロー最大を大きくするために、ロードバイクにMTB向けのリアディレイラーをミックスしようにも、MTB向けのリアディレイラーはロード向けとシフトワイヤーの引き量が違うため、ロードのSTIレバーではMTBのリアディレイラーを引けません。

超ワイドレシオにするとややコストがかかる

MTBでは、11-51Tなどの超ワイドレシオなコンポが登場していますが、シマノのコンポで使う場合、対応するリアディレイラーがDEORE以上のグレードになるので、リアディレイラー、スプロケット、シフターなどの交換を含めると、コストは高くなります。

先ほども指摘した通り、MTBコンポはロード向けのSTIでは引けないので、リアをスプロケットを交換するために、フラットバーロード化するとなると、ハンドル、ブレーキ、シフターなど、さらにコストがかかります。

あくまでシマノの公式互換の対象外ですが、ロード向けSTIレバーでMTBのディレイラーを引くことができるアダプタがウルフトゥースから発売されています。

WolfTooth ウルフトゥース Inline Tanpan 11

スポンサーリンク

主なコンポメーカーのフロントシングルクランクセット

シマノ

シマノのフロントシングルクランクセットは、グラベルロード向けのGRXと、MTBコンポのXTRからZEEまでのグレードで用意されています。

GRXは2グレードしかありませんが、MTBについては「グレード・チェーンリング歯数・Qファクター」に合わせて多数のラインアップがあり、選択肢が非常に広くなります。

型番 グレード チェーンリング歯数 重量
FC-RX810-1 GRX 42T、40T 644g(40T)、656g(42T)
FC-RX600-1 GRX 40T 743g
FC-M9100-1 XTR 30T、32T、34T、36T、38T 528g(30T)、531g(32T)、544g(34T)、543g(36T)、551g(38T)
FC-M9120-1 XTR 30T、32T、34T、36T、38T 545g(30T)、548g(32T)、562g(34T)、561g(36T)、569g(38T)
FC-M9125-1 XTR 32T、34T 573g(32T)、587g(34T)
FC-M9130-1 XTR 30T、32T、34T 560g(30T)、563g(32T)、577g(34T)
FC-M8100-1 DEORE XT 28T、30T、32T、34T、36T 608g(28T)、622g(30T)、620g(32T)、633g(34T)、651g(36T)
FC-M8120-1 DEORE XT 28T、30T、32T、34T、36T 616g(28T)、630g(30T)、628g(32T)、642g(34T)、660g(36T)
FC-M8130-1 DEORE XT 28T、30T、32T、34T、36T 624g(28T)、639g(30T)、636g(32T)、650g(34T)、668g(36T)
FC-M7100-1 SLX 30T、32T、34T 634g(30T)、631g(32T)、646g(34T)
FC-M7120-1 SLX 30T、32T、34T 641g(30T)、638g(32T)、653g(34T)
FC-M7130-1 SLX 30T、32T、34T 650g(30T)、647g(32T)、662g(34T)
FC-MT610 SLX 30T、32T、34T 784g(34T)、772g(32T)、758g(30T)
FC-M6100-1 DEORE 30T、32T 非公開
FC-M6120-1 DEORE 30T、32T 非公開
FC-M6130-1 DEORE 30T、32T 非公開
FC-MT510-1 DEORE 30T、32T、34T 非公開
FC-MT511-1 DEORE 30T、32T 非公開
FC-MT512-1 DEORE 30T、32T 非公開
FC-M5100-1 DEORE 30T、32T 非公開
FC-M820 SAINT 34T、36T、38T 827g(34T)、837g(36T)、847g(38T)
FC-M825 SAINT 34T、36T、38T 838g(34T)、849g(36T)、858g(38T)
FC-M640 ZEE 34T、36T、38T 807g(34T)、817g(36T)、828g(38T)
FC-M645 ZEE 34T、36T、38T 837g(34T)、847g(36T)、858g(38T)

SRAM

フロントシングルコンポーネントの種類が豊富で、海外グラベルロードバイク・ユーザーの間では定番となっているのがSRAMのフロントシングルクランク。

ロード(グラベル)向けにはRED、FORCE、RIVALグレードが、MTB向けはXX1 Eagle〜GX Eagleまで現行のほとんどのコンポにフロントシングルクランクがラインアップされています。

型番 グレード チェーンリング歯数 重量
RED 1 クランクセット RED 46T、40T 非公開
FORCE 1 クランクセット FORCE 46T、40T 非公開
RIVAL 1 クランクセット RIVAL 46T、40T 非公開
XX1 Eagle DUB クランクセット XX1 Eagle 34T 非公開
NX Eagle DUB クランクセット NX Eagle 32T 非公開
GX Eagle DUB クランクセット GX Eagle 32T 非公開
X01 Eagle DUB クランクセット X01 Eagle 32T 非公開
X01 DH クランクセット X01 DH 34T 非公開

この記事で紹介したアイテム

スポンサーリンク

最新セール

特別価格 クーポンを見る

イオンバイク

イオンバイク 3日間限定セール

イオンバイクで1/27朝10時から1/29までの台数限定セールが開催。今回は、シティサイクル、折り畳み自転車、クロスバイク、電動アシスト自転車、子供乗せ電動アシスト自転車が台数限定特別価格に!

2023年1月29日 23:59まで

セールページを見る
最大60% OFF クーポンを見る

Chain Reaction Cycles

ダートを満喫セール

CRCで2022年の年末年始セール「ダートを満喫セール」としてスタート!パーツや完成車、ウェアなどが最大60%OFF

セールページを見る
特別価格 クーポンを見る

クラウンギアーズ

ウィンターセール

クラウンギアーズでウィンターセールが開催!ハイスペックバイクやスマートトレーナーが特価販売!1/30 朝10:59まで。

2023年1月30日 10:59まで

セールページを見る
限定プライス クーポンを見る

ProBikeKit

2022年秋冬サイクリングウェアが30%オフ

PROBIKEKITでSANTINI、SPORTFUL、CASTELIなどの2022年秋冬サイクリングウェアが30%オフ!

セールページを見る
MAX80% OFF クーポンを見る

ワイズロード

決算セールMAX80%OFF

Y's Roadで、2022年度の決算セールが開催!MAX80%OFFセールは2/13朝10時までの限定開催!

2023年2月13日 09:59まで

セールページを見る

最新クーポン

最大5,000円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイク新生活応援 クーポン

イオンバイクで新生活応援フェアとして最大5,000円OFFのクーポンが配布中!4/1朝9:59まで。

2023年4月1日 09:59まで

クーポンを見る
最大5,500円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイクYahooショッピング店 最大5,500円OFFクーポン

イオンバイクのYahooショッピング店で、1/30に使える、最大5,500円OFFクーポンが配布中!

2023年1月30日 23:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス