シマノの7速スプロケットの種類と違いまとめ

最終更新日: 2023/10/25

公開日: 2021/03/12

低価格なロードバイク・MTBで採用されることが多い、シマノの7速スプロケットについて、種類と違いをまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

シマノの7速向けスプロケットの種類

CS-HG200-7

シマノのMTB向けコンポーネント・TOURNEYの現行シリーズのスプロケット。MTB向けのスプロケットなのでワイドレシオなギア構成になっていて、さらに7速と段数が少ないため変速間のギア比差が極端になっています。

型番 トップ ロー ギア構成
CS-HG200-7(bm) 12T 28T 12-14-16-18-21-24-28
CS-HG200-7(bp) 12T 32T 12-14-16-18-21-26-32

CS-HG200-7 | シマノ

CS-HG41-7

シマノのMTB向けスプロケット。仕上げはショットクロム。11-28Tの一つしかギア比構成がありませんが、CS-HG200-7にはないトップ11Tがあるため、ロードバイクなど高速域で走行するのに最適です。

TOURNEYコンポを搭載した格安ロードバイク、クロスバイクなどによく採用されているスプロケットです。

型番 トップ ロー ギア構成
CS-HG41-7(ac) 11T 28T 11-13-15-18-21-24-28

CS-HG41-7 | シマノ

違いはどこにあるのか?

歯数の違い

シマノの7速は、MTB向けのTOURNEYと、シティサイクルでの利用がメインのため、選択肢が極端に少なくなっています。

トップは11Tでローは32Tしかなく、しかも11T-32Tというトップとローどちらもカバー可能な歯数構成はないため、ワイドで使い勝手が良いギア比にしたいのであれば、最低でも8速以上にする必要があります。

スポンサーリンク

モデルごとの違い

CS-HG200-7とCS-HG41-7の違い

CS-HG200-7とCS-HG41-7の違いは歯数構成と仕上げです。CS-HG41-7は、シマノのスプロケットによくある銀色の仕上げ(ショットクロム)で、CS-HG200-7はブラック塗装がされています。

また、歯数構成的には、トップで見ると、

  1. CS-HG200-7は12Tからのワイドレシオ
  2. CS-HG41-7は11Tからのワイドレシオ

となっていて、速度重視ならCS-HG41-7一択です。

逆に、ヒルクライムなどギア比が大きい構成が欲しいのであれば、ロー側に32TがあるCS-HG200-7一択になるでしょう。

リアディレーラーの選択にも注意

シマノの7速というとTOURNEYになりますが、TOURNEYのリアディレーラーにはロー最大歯数が28Tのモデルと34Tのモデルがあります。トップ側の最大歯数も、11Tと12Tのモデルがあるので、スプロケットに合っているかを確認しましょう。

リアディレーラーのキャパシティが不足すると変速不調になるので、ここは大事なポイントです。

標準のスプロケットがボスフリーでないかも注意

7速クラスのコンポを搭載している自転車の場合、スプロケットのタイプが8速以上の定番であるカセットフリーではなく、ボスフリーの場合があります。

今回ご紹介した7速スプロケットは全てカセットフリー用のスプロケットなので、ボスフリー用のホイールでは装着ができません。

購入前に現在のホイールのハブがどちらなのかを確認するようにしましょう。


シマノの7速スプロケットの種類と違いを見てきました。

シティサイクルだと6速モデルが多いため、シマノの7速スプロケットを採用しているのは、低価格なロードバイクかMTBが多くなりますが、選択肢が少ないことを考えると、無理に7速のスプロケットでカスタマイズするよりも、ちょっとお金を出してクラリスなどの8速コンポにアップグレードするのも同時に検討してみてください。

シマノの7速スプロケットに関するよくある質問

Q.

7速ボスフリーのスプロケットを7速カセットフリーのスプロケットに交換できる?

A.

7速ボスフリーのスプロケットがついているホイールは、ボスフリーにしか対応しないためカセットフリーのスプロケットを取り付けができません。

7速カセットフリーのスプロケットを使うのであれば、フリーハブがカセットフリーのホイールに交換する必要があります。

Q.

7速スプロケットを8速以上にアップグレードするメリットは?

A.

主なメリットは変速数を増やすことができる点です。

変速数を増やすと、

  1. ギアごとのギア比差が小さくなる
  2. ギア比の選択肢が増える

というメリットがあります。

7速スプロケットを搭載している自転車は、フロントが3速のことが多いため、ギア比の選択肢はそこまで広がらないこともありますが、フロント変速なしでギア比の選択肢が増えると、シフト操作が減るためライド時の快適性が上がります。

この記事で紹介したアイテム

スポンサーリンク

スプロケットについてもっと知ろう

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

1,100円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイク楽天市場店 1,100円OFFクーポン

イオンバイクの楽天市場店で、6/1から6/25まで使える、税込20,000円以上で税込1,100円OFFクーポンが配布!今回は長めなので狙い目!

2024年6月25日 23:59まで

クーポンを見る
最大¥2,000 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

6月20日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、6/20に使える最大2,000円OFFクーポンが配布中!先着50名限定!

2024年6月20日 23:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス