シマノの11速(11s)スプロケットの種類と違いまとめ

最終更新日: 2024/03/21

公開日: 2021/06/11

シマノのロードバイク、MTB向けコンポである11速(11s)スプロケットの種類を、HYPERGLIDEモデル、CUESなどのLINKGLIDEモデルごとに解説します。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

シマノの11速(11s)スプロケットの種類と選ぶ際の注意点

シマノの11速スプロケットは「HYPERGLIDEテクノロジー1」モデルがメインですが、eバイクや新コンポーネント「CUES」が採用する「LINKGLIDEテクノロジー2」モデルもラインアップされています。

HYPERGLIDEとLINKGLIDEはどちらもシマノの変速テクノロジーですが互換性がないため、シマノの11速スプロケットを選ぶ際は「変速テクノロジーが合っているか?」も重要なポイントです。

また、シマノの11速スプロケットには対応するフリーボディのタイプが「HG spline L」と「HG spline M」の2種類がある点もポイントです。

モデル 変速テクノロジー 対応フリーボディ 特徴
CS-R9100 HYPERGLIDE HG spline L ロード最上位DURA-ACEのスプロケット。従来よりかはややワイドだがクロス気味構成。ロー側一部がチタン。
CS-R8000 HYPERGLIDE HG spline L ロード・ULTEGRAのスプロケット。DURA-ACEよりもややワイド気味構成
CS-R7000 HYPERGLIDE HG spline L ロード・105のスプロケット。CS-R8000から一部歯数構成を減らしている
CS-HG800 11S HYPERGLIDE HG spline M HG spline M用ロード・ULTEGRAグレードのスプロケット。
CS-HG700-11 HYPERGLIDE HG spline M HG spline M用ロード・105グレードのスプロケット。
CS-9000 HYPERGLIDE HG spline L ロード最上位DURA-ACEのスプロケット。クロスレシオ構成がメイン。ロー側一部がチタン。
CS-6800 HYPERGLIDE HG spline L ロード・ULTEGRAのスプロケット。クロスレシオ構成がメイン
CS-5800 HYPERGLIDE HG spline L ロード・105のスプロケット。クロスからワイドまで対応
CS-M9001 HYPERGLIDE HG spline L MTB・XTRのスプロケット。ロー側一部がチタン。
CS-M8000 HYPERGLIDE HG spline L MTB・Deore XTのスプロケット。歯数構成の選択肢が多い。ロー側一部がアルミ。
CS-M7000-11 HYPERGLIDE HG spline L MTB・SLXのスプロケット。CS-M8000の廉価版。
CS-M5100-11 HYPERGLIDE HG spline L MTB・Deore 11sのスプロケット。11-51Tをラインアップ
CS-LG700-11 LINKGLIDE HG spline M CUES 11s U8000シリーズのスプロケット。
CS-LG600-11 LINKGLIDE HG spline M MTB・Deore XT 11s LINNGLIDEのスプロケット。11-50Tのみ
CS-LG400-11 LINKGLIDE HG spline M CUES 11s U6000シリーズのスプロケット。

詳しい11速スプロケットの互換性については、下記の記事をどうぞ。

HYPERGLIDE 11速スプロケット(ロード)のモデルと重量比較

ロード用のHYPERGLIDE 11速スプロケットはシリーズによって歯数構成がかなり変わります。

プログレードになるほどクロスレシオが多く、新しいシリーズは古いシリーズよりもワイドな構成です。そのため、好みによっては敢えて古いモデルを選択することになるでしょう。

ロード用のHYPERGLIDE 11速スプロケットのフリーボディ互換性は「CS-HG800 11S」と「CS-HG700-11」のみが「HG spline M」、それ以外はいわゆるシマノ11速ホイールで採用されている「HG spline L」です。

型番 変速テクノロジー 11-23T 11-25T 11-28T 11-30T 11-32T 11-34T 12-25T 12-28T 14-28T
CS-R9100 HYPERGLIDE - 175g 193g 211g - - 189g 205g -
CS-R8000 HYPERGLIDE - 232g 251g 269g 292g - 243g - 300g
CS-R7000 HYPERGLIDE - - 284g 304g 320g - 269g - -
CS-HG800 11S HYPERGLIDE - - - - - 335g - - -
CS-HG700-11 HYPERGLIDE - - - - - 379g - - -
CS-9000 HYPERGLIDE 165g 205g - - - -
CS-6800 HYPERGLIDE 223g 239g 245g - - - - -
CS-5800 HYPERGLIDE - - 284g - 320g - 269g - -

CS-R9100

シマノのロードバイク向け最上位コンポーネント・DURA-ACEの前世代・R9100シリーズの11速スプロケット。ロー側5枚がチタン製で、剛性と軽量と両立しています。ただ、前モデルのCS-9000にあった11-23T(165g)という構成がなくなったため、最軽量が11-25Tの175gになっています。

ロードバイク向けということで、クロスレシオなギア構成をメインに、11速という変速数の多さを生かしたロー最大30Tのスプロケットがラインアップに追加されています。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-R9100 11T 25T 175g 11-12-13-14-15-16-17*-19*-21*-23*-25*(*はチタン)
CS-R9100 11T 28T 193g 11-12-13-14-15-17-19*-21*-23*-25*-28*(*はチタン)
CS-R9100 11T 30T 211g 11-12-13-14-15-17-19*-21*-24*-27*-30*(*はチタン)
CS-R9100 12T 25T 189g 12-13-14-15-16-17-18*-19*-21*-23*-25*(*はチタン)
CS-R9100 12T 28T 205g 12-13-14-15-16-17-19*-21*-23*-25*-28*(*はチタン)

CS-R8000

シマノのロードバイク向けULTEGRAの前世代R8000シリーズのスプロケット。DURA-ACEのCS-R9100と違って、チタン製の歯がないため手頃な価格になっています。チタンギアはないですが、最軽量で232gと軽いスプロケットになっているため、価格と重量のバランスに優れています。

11-25Tから最大11-32Tまで広いレンジをカバーしつつ、14-28Tといった極端なクロスレシオなスプロケットもラインアップしていて、守備範囲も広い製品で、105からのアップグレードや軽量化にも選ばれます。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-R8000 11T 25T 232g 11-12-13-14-15-16-17-19-21-23-25
CS-R8000 11T 28T 251g 11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28
CS-R8000 11T 30T 269g 11-12-13-14-15-17-19-21-24-27-30
CS-R8000 12T 25T 243g 12-13-14-15-16-17-18-19-21-23-25
CS-R8000 14T 28T 300g 14-15-16-17-18-19-20-21-23-25-28
CS-R8000 11T 32T 292g 11-12-13-14-16-18-20-22-25-28-32

CS-R7000

シマノのロードバイク向け105の前世代R7000シリーズのスプロケット。一つ上位のグレードであるCS-R8000と比べて歯数構成の選択肢が少なくなり、重量も重めです。

ロード向けの11速としては、105・R7000シリーズはエントリーグレード扱いになるため、アップグレードとしてCS-R7000を選ぶことはありませんが、手頃な価格でクロスレシオやワイドレシオなど、タイプの違うスプロケットを揃えることが出来るのがメリットです。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-R7000 11T 28T 284g 11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28
CS-R7000 11T 30T 304g 11-12-13-14-15-17-19-21-24-27-30
CS-R7000 11T 32T 320g 11-12-13-14-16-18-20-22-25-28-32
CS-R7000 12T 25T 269g 12-13-14-15-16-17-18-19-21-23-25

CS-HG800 11S

CS-HG800は、製品名にR8000のシリーズ名こそ入っていないものの、ULTEGRAグレードの11速スプロケットです。

他のロード向け11速スプロケットとの大きな違いは、「スプロケット全体の厚みが10速スプケットと同じ(10速ホイールでも11速が使える)設計」になっている点です。

仕組みとしては、11速化に伴って増えたスプロケットの厚みを「上に増やす」のではなく、「下(スポーク側にせり出す形)に増やし」、10速ホイールのままでも11速化が出来るようにしています。

特殊な形状なため、11速ホイールで使う場合は付属のスペーサーが必要という点と、他の11速スプロケットと違って、11-34Tのワイドレシオ設定しかない(ロー最大が小さいとスポークに接触するためと思われる)やや特殊な立ち位置になっています。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-HG800 11S 11T 34T 335g 11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34T

CS-HG700-11

105グレードの11速スプロケット。CS-HG800 11S同様、8・9・10速フリーハブに対応するため、MTBの11速と兼用になっています。

CS-HG800 11Sと同じ歯数構成ですが、廉価版という位置付けのため重量が10%ほど重くなっています。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-HG700-11 11T 34T 379g 11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34T

CS-9000

シマノのロードバイク向け最上位コンポーネント・DURA-ACEの2世代前にあたる9000シリーズのスプロケット。ロー側5枚がチタン製で、剛性と軽量(11-23Tで165g)と両立しています。

歯数構成がかなりクロスレシオに偏っていて、まさにレースグレードといった形です。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-9000 11T 23T 165g 11-12-13-14-15-16-17*-18*-19*-21*-23*(*はチタン)
CS-9000 11T 25T 205g 11-12-13-14-15-16-17*-19*-21*-23*-25*(*はチタン)
CS-9000 11T 28T - 11-12-13-14-15-17-19*-21*-23*-25*-28*(*はチタン)
CS-9000 12T 25T - 12-13-14-15-16-17-18*-19*-21*-23*-25*(*はチタン)
CS-9000 12T 28T - 12-13-14-15-16-17-19*-21*-23*-25*-28*(*はチタン)

CS-6800

シマノのロードバイク向け上位コンポーネント・ULTEGRAの2世代前である6800シリーズのスプロケット。11速ながらも11-23Tでは重量が212gと軽量なのが特徴です。

発売当時としては、ワイドレシオからクロスレシオまでバランスよく歯数構成をラインアップしていますが、ワイドレシオ化が進んだ現在では、最大で11-28Tというのはややクロス気味に寄ったラインアップに感じるかもしれません。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-6800 11T 23T 223g 11-12-13-14-15-16-17-18-19-21-23
CS-6800 11T 25T 239g 11-12-13-14-15-16-17-19-21-23-25
CS-6800 11T 28T 245g 11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28
CS-6800 12T 25T - 12-13-14-15-16-17-18-19-21-23-25

CS-5800

シマノのロードバイク向けレースレディコンポーネント・105の2世代前の5800シリーズのスプロケット。最軽量の12-25Tでも重量が269gと上位グレードから比べると重くなっています。

歯数構成がかややワイドレシオ寄りで選択肢が少ないため、より細かいギア比を求めるなら上位グレードを選ぶことになりますが、ワイドレシオなスプロケットが好まれるようになった現在では、むしろ選びやすいスプロケットとも言えます。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-5800 11T 28T 284g 11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28
CS-5800 11T 32T 320g 11-12-13-14-16-18-20-22-25-28-32
CS-5800 12T 25T 269g 12-13-14-15-16-17-18-19-21-23-25

HYPERGLIDE 11速スプロケット(MTB)のモデルと重量比較

MTB向けHYPERGLIDE 11速スプロケットは、12速につながるような超ワイドレシオ構成。フリーボディの互換性は全て「HG spline M」です。

型番 変速テクノロジー 11-40T 11-42T 11-46T 11-51T
CS-M9001 HYPERGLIDE 330g - - -
CS-M8000 HYPERGLIDE 411g 434g 437g -
CS-M7000-11 HYPERGLIDE 450g 476g 482g -
CS-M5100-11 HYPERGLIDE - -

CS-M9001

シマノのMTB向け最上位コンポーネント・XTRの1世代前であるM9000シリーズのスプロケット。11-40Tという超ワイドレシオなギア構成のモデルです。

ロード向け最上位・DURA-ACEのスプロケットと同様、ロー側にチタンギアが採用されています(40Tのみアルミ)。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-M9001 11T 40T 330g 11-13-15-17-19*-21*-24*-27*-31*-35*-40(*はチタン)

CS-M8000

シマノのMTB向けコンポDEORE XTの1世代前のシリーズであるM8000シリーズの11速スプロケット。

ロー最大が40T、42T、46Tの3種類から選ぶことが出来、超ワイドレシオ構成でありながら、400g台に抑えられた軽量なスプロケットに仕上がっています。

超ワイドレシオで軽量、そしてコストとのバランスが良い11速スプロケットなら、CS-M8000はファーストチョイスでしょう。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-M8000 11T 40T 411g 11-13-15-17-19-21-24-27-31-35-40T**(bs)(**はアルミ)
CS-M8000 11T 42T 434g 11-13-15-17-19-21-24-28-32-37-42T**(bs)(**はアルミ)
CS-M8000 11T 46T 437g 11-13-15-17-19-21-24-28-32-37**-46T**(bs)(**はアルミ)

CS-M7000-11

シマノのMTB向けコンポSLXの前世代であるM7000シリーズの11速スプロケット。

ラインアップは超ワイドレシオな11-40T、11-42T、11-46Tと、CS-M8000と全く同じで、まさにCS-M8000シリーズの廉価版という位置付けです。

CS-M8000よりも価格は安いですが、10%ほど重量アップしてしまうため、価格を取るか、重量を取るかで選ぶ形になるでしょう。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-M7000-11 11T 40T 450g 11-13-15-17-19-21-24-27-31-35-40T**(bs)(**はアルミ)
CS-M7000-11 11T 42T 476g 11-13-15-17-19-21-24-28-32-37-42T**(bs)(**はアルミ)
CS-M7000-11 11T 46T 482g 11-13-15-17-19-21-24-28-32-37**-46T**(bs)(**はアルミ)

CS-M5100-11

シマノのMTB向け上位コンポーネント・DEORE 11Sの現行モデルのスプロケット。シマノの公式重量は公開されていませんが、SLXグレードのCS-M7000-11と比較してかなり重くなるようです。

11-51Tという超ワイドレシオながラインアップされていますが、11-51Tを使う場合は、ハイ・ロー差があるため使うリアディレイラーのキャパシティにも気をつける必要があります。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-M5100-11 11T 42T - 11-13-15-17-19-21-24-28-32-37-42T
CS-M5100-11 11T 51T - 11-13-15-18-21-24-28-33-39-45-51T

LINKGLIDE 11速スプロケットのモデルと重量比較

シマノのLINKGLIDE 11速スプロケットは、かつてはeバイク向けのDeore XT 11s LINKGLIDEコンポのモデルのみでしたが、新コンポーネント「CUES 11s」が登場したことで3種類になっています。

歯数構成は「11-45T」か「11-50T」の2種類しかなく、非常にシンプルです。

型番 変速テクノロジー 11-45T 11-50T
CS-LG700-11 LINKGLIDE 609g
CS-LG600-11 LINKGLIDE -
CS-LG400-11 LINKGLIDE

CS-LG700-11

シマノの新コンポーネントCUESの最上位グレード「U8000」シリーズのスプロケット。当初は11-50Tのみのラインアップでしたが、11-45Tが追加されたことで選びやすくなっています。

アルミ製スパイダーによりカセットの重量を削減していますが、それでも同じMTB向けのスプロケットと比較するとかなり重めです。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-LG700-11 11T 45T - 11-13-15-17-20-23-26-30-34-39-45T
CS-LG700-11 11T 50T 609g 11-13-15-17-20-23-26-30-36-43-50T

CS-LG600-11

シマノのMTB上位グレード「Deore XT 11s LINKGLIDE」シリーズのスプロケット。11-50Tのみのラインアップです。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-LG600-11 11T 50T - 11-13-15-17-20-23-26-30-36-43-50T

CS-LG400-11

シマノの新コンポーネントCUESのミドルグレード「U6000」シリーズのスプロケット。CS-LG700-11と同様11-45Tが追加されたことで選びやすくなっています。

重量は公開されていませんが、CS-LG700-11よりも重いとなると重量級のスプロケットとなりそうです。

型番 ハイ ロー 重量 ギア構成
CS-LG400-11 11T 45T - 11-13-15-17-20-23-26-30-34-39-45T
CS-LG400-11 11T 50T - 11-13-15-17-20-23-26-30-36-43-50T

選ぶ際のポイント

素材・仕上げ・重量の違い

シマノの11速スプロケットを素材で見ていくと、主に3つのグレードに分けられます。

  1. チタンギアがある最上位モデル(CS-R9100、CS-9000、CS-M9001)
  2. 軽量アルミの上位モデル(CS-R8000、CS-6800)
  3. アルミの通常モデル(CS-R7000)
  4. スチールとアルミの組み合わせモデル(CS-M8000など)

最上位であるチタンモデルは「軽量かつ高剛性」ですが高額です。一方で、軽量アルミのモデルはチタンよりかは重いですが、軽量化はしつつ価格も手頃なのが魅力。

一方で、アルミの通常モデルは11速という歯数の多さもあって、10速からのアップグレードの際に重量が増えてしまう可能性もあるため、軽量化を重視する場合は注意が必要です。

歯数の違い

シマノの11速向けスプロケットでは、クロスレシオとワイドレシオの概念がやや変わってきています。

  1. クロスレシオ -> 11-23T、11-25T
  2. ワイドレシオ -> 11-28T、11-30T、11-32T、11-34T、11-36T
  3. 超ワイドレシオ -> 11-40T、11-42T、11-46T、11-51T

10速までは、11-34T、11-36Tくらいが最大のワイドレシオでしたが、MTB向けの11速では最大で11-51Tという超ワイドレシオも登場しています。

スポンサーリンク

MTBではロード用の11速スプロケットは原則使えない

同じ11速でも、ロード用とMTB用では適合するフリーハブの高さに違いがあります。これは、ロード用の11速化した際に新しい規格にした(8・9・10速用フリーハブよりも高さがある)のに対して、MTB用11速は従来の8・9・10速用フリーハブに互換する形で11速化をしたためです。

そのため、ロード用の11速スプロケットはMTB用のフリーハブには適合しない(高さが足りない)ため使うことが出来ません。

MTB向けの超ワイドレシオなスプロケットは、1.85㎜スペーサーを使うことでロード用11速フリーハブに取り付けは可能ですが、今度はディレイラーのキャパシティ的に、MTB用11速の超ワイドレシオなスプロケットが適合しません。

そのため、ロードとMTB両方で使える11速スプロケットは、シマノが両用としているCS-HG800 11SとCS-HG700-11のみです。


最新の12速との互換性については下記の記事をどうぞ。

シマノの11速スプロケットのよくある質問

Q.

シマノの11速スプロケットに対応するフリーボディは「シマノHG 11速」だけですか?

A.

シマノの11速スプロケットは、ほとんどのモデルが11速用のフリーボディである「HG Spline L(通称「シマノHG 11速」)」向けに製造されていますが、一部のMTBと共用スプロケットは「HG Spline M(通称「シマノHG 8〜10速」)にも対応しています。

これはシマノのMTBコンポが11速化したときに、従来の10速までのフリーボディとの互換性を残したままだったためです。

シマノHG 8〜10速に対応する11速スプロケットは「CS-HG800 11S」と「CS-HG700-11」の2種類があります。

Q.

シマノの11速スプロケットは12速ホイールで使うことが出来る?

A.

これはいくつかのパータンに分かれます。

シマノのロードの向け12速ホイールの場合、一部のモデルはフリーボディの形状が11速と互換性のある形状のため、12速ホイールで11速スプロケットが使用可能です。WH-R9200シリーズは12速専用となるため、11速スプロケットが使えません。

シマノのMTB向けホイール、シマノのMTB向け12速に互換するサードパーティ製ホイールは、シマノのMTB12速がMicroSplineという全く別のフリーボディ規格になったため、11速スプロケットを使用することが出来ません。

この記事で紹介したアイテム

スポンサーリンク

11速へのアップグレードを検討中なら

スプロケットについてもっと知ろう

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

1,100円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイク楽天市場店 1,100円OFFクーポン

イオンバイクの楽天市場店で、6/1から6/25まで使える、税込20,000円以上で税込1,100円OFFクーポンが配布!今回は長めなので狙い目!

2024年6月25日 23:59まで

クーポンを見る
最大¥2,000 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

6月20日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、6/20に使える最大2,000円OFFクーポンが配布中!先着50名限定!

2024年6月20日 23:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス