シマノのエントリーグレードホイール(R500/R501/RS100/RS010)の違いを比較

最終更新日: 2021/06/11

公開日: 2020/11/10

シマノのエントリーグレードホイールである、WH-R500、WH-R501、WH-RS100、WH-RS010の各モデルのスペックと、新品・中古相場からそれぞれの違いと選ぶべきモデルを紹介します。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

それぞれの見分け方

まずは、シマノのエントリーグレードホイールの見た目の見分け方を見ていきます。シマノのエントリーグレードホイールで現在新品・中古で入手可能なのは、下記の4アイテムです。

  1. WH-R500
  2. WH-R501
  3. WH-RS010
  4. WH-RS100

WH-R500

一番古いWH-R500は、リムのステッカーが流線的なデザインで「R500」と書いてあるのが目印。

WH-R500のリムステッカーのデザイン

実物が見られる環境であれば、ハブの部分を見れば「WH-R500」とプリントされているはずです。

WH-R501

市場に流通が多いWH-R501は、ブロック体の平べったいロゴが目印。Rが赤字で500が白字のロゴだったら、間違いなくWH-R501です。

角ばっていて特徴的なWH-R501のリムステッカーのデザイン

間違いやすいのはWH-R501なのにロゴは「R500」というところ。こちらも確実に型番を確認したい場合は、ホイールのハブをチェックしましょう。ハブにも「R500」のロゴがプリントされていますが、その横に小さく「WH-R501」と印字されているはずです。

WH-RS010

WH-RS010は、WH-RS100と似たデザインですが、WH-RS100が流線的なロゴデザインなのに対して、WH-RS010はややブロック調のフォントを斜体にしたデザインなので、両方を知っていれば違いははっきりわかります。「RS」のロゴの横に赤と白の線のデザインがあるのも特徴。

「RS」のロゴの横に赤と白の線のデザインがあるWH-RS010のリムステッカー

また、リム部分に「RS」というロゴが「片面2箇所」入っているも違いです。

WH-RS100

WH-RS100は流線的なロゴデザインになっているため見分けやすいホイールです。リム部分に「RS」というロゴが「片面3箇所」入っていたら、WH-RS100と見て間違い無いでしょう。

流線的な「RS」ロゴが特徴的なWH-RS100のリムステッカーのデザイン

こちらも確実に型番を確認したい場合は、ホイールのハブをチェックしましょう。

それぞれのスペックをチェック

WH-R500

かつてのエントリーグレードの定番がWH-R500。製造終了してからかなり経つので新品はほぼ見当たりませんが、中古ショップやオークションなどでは前後4,000円などで叩き売りされているのを見かけます。

ホイール 段数 リム高 リム素材 対応タイヤ 重量(前) 重量(後)
WH-R500 8速,9速,10速 24mm アルミ 19C〜28C 847g 1,097g

後継がWH-R501です。

WH-R501

シマノのWH-R500の後継でシマノの定番エントリーホイールと言えばこのWH-R501。「鉄下駄」と言われるのはWH-R501を指すことが多いです。

WH-R500よりも前後で50gほど軽量化されたのと公式の対応タイヤサイズが変わった以外、スペック上の大きな変更はありません。シマノの公式ページ的には、TIAGRAグレードのようです。

WH-R501

ホイール 段数 リム高 リム素材 対応タイヤ 重量(前) 重量(後)
WH-R501 8速,9速,10速 24mm アルミ 23C〜32C 820g 1,069g

新品で前後セットで1万円ほど、中古だと前後セットで5,000〜8,000円くらいが目安の価格です。

WH-RS010

長くエントリ向けホイールとして定番だったWH-R501が終了し、新たな同等スペックのエントリーホイールとして発売されたのがWH-RS010。

WH-RS010

公式スペック上は、WH-R501と比べるとリアがよりも重くなって11速に対応するのにあたってリアがオフセットリムになっています。また、Cup & Cone Bearingテクノロジーの採用効果で価格の割によく回ると言うレビューが見られます。

ホイール 段数 リム高 リム素材 対応タイヤ 重量(前) 重量(後)
WH-RS010 8速,9速,10速,11速 24mm アルミ 23C〜32C 818g 1,102g

新品で前後セットで1.4万円ほど、中古だと前後セットで6,000〜11,000円くらいが目安の価格です。

WH-RS100

WH-R501と同等グレードのシマノのエントリーホイールで、シマノのエントリーホイールの中では最新モデルとなります。WH-R501と同じTIAGRAグレードです。型番が似ていますが、先程のWH-RS010とは別のホイールになります。

WH-RS100

公式スペック上は、リア・フロント共にWH-R501よりも重くなっています。また、対応スプロケットが11速に対応しているのが大きな違いです。WH-R501は11速に対応していないため、11速を使うならこのWH-RS100かWH-RS010になります。

ホイール 段数 リム高 リム素材 対応タイヤ 重量(前) 重量(後)
WH-RS100 8速,9速,10速,11速 24mm アルミ 23C〜32C 827g 1,105g

新品で前後セットで1.3万円ほど、中古だと前後セットで6,000〜10,000円くらいが目安の価格です。

R500/R501/RS100/RS010の比較

最後に、それぞれの比較をしてみましょう。

ホイール 段数 新品相場 中古相場 対応タイヤ 重量(前) 重量(後)
WH-R500 8速,9速,10速 - ¥4,000 19C〜28C 847g 1,097g
WH-R501 8速,9速,10速 ¥10,000 ¥5,000〜¥8,000 23C〜32C 820g 1,069g
WH-RS010 8速,9速,10速,11速 ¥14,000 ¥6,000〜¥11,000 23C〜32C 818g 1,102g
WH-RS100 8速,9速,10速,11速 ¥13,000 ¥6,000〜¥10,000 23C〜32C 827g 1,105g

新品で買うならWH-RS100かWH-RS010がベストでしょう。11速対応なので、将来的な上位グレードへのコンポーネントアップグレードにも対応できます。

一方で、安さと軽さのバランスを考えるとWH-R501もアリ。中古価格も安めなので「とりあえず安く試してみたい」というのであれば、中古もアリでしょう。

この記事で紹介したアイテム

スポンサーリンク

スプロケットについてもっと知ろう

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

spring1000 1,000円 OFF

イオンバイク

イオンバイクモール 1,100円OFFクーポン

イオンバイクモールで、1万円以上の買い物で使える1,000円OFFクーポンが配布!3/1朝10時から4/15朝9:59まで

2024年4月15日 09:59まで

クーポンを見る
1,100円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイク楽天市場店 1,100円OFFクーポン

イオンバイクの楽天市場店で、4/14夜8時から4/17 9:59まで使える、税込20,000円以上で税込1,100円OFFクーポンが配布!先着200名まで。

2024年4月17日 09:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス