中古アップグレードの王道105化。5800系と5700系どっち?

最終更新日: 2022/06/08

公開日: 2020/11/24

ロードバイクの中古アップグレードの王道105化。中でもお手頃価格なのがシマノの5800系と5700系です。105がR7000時代に、中古アップグレードをするならどちらが良いのかをまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

なぜ105なのか

シマノのロードバイク向けコンポーネントの中では、上から3番目のグレードで「レースレディ」と呼ばれるのが105です。

上位のロードバイク向けコンポーネントであるDURA-ACE、ULTEGRAから継承された技術が取り入れられることが多いため、一つ下のTiagraからだけでなく、エントリーロードバイク向けのシマノグレードSORAやClarisからのアップグレードも多いのが105です。

105は新品のコンポセットが5万円くらいで手に入るため、手が出しやすいロードバイクアップグレードでもあります。

つまり、入門車の105アップグレードは、「常識的な範囲内」で「上位譲りのレースグレード」にアップグレード出来るというわけです。

105の型番をおさらい

まず最初に105の型番をおさらいしましょう。

R7000系(現行)

2018年4月にシマノが発表した現行ラインである105シリーズがR7000系です。2x11速なので前のモデルである5800系と互換性があり、上位機種であるDURA-ACE、ULTEGRAにも2x11速であれば互換性があります。

コンポセットで新品5万円くらいが相場です。

5800系

2014年4月にシマノが発表した5800系。これまでの2x10速から2x11速に変更になりました。新しいR7000系とは互換がありますが、一つ前の世代である5700系との互換性がありません。上位機種であるDURA-ACE、ULTEGRAにも2x11速であれば互換性があります。

コンポセットは新品は流石に販売されておらず、中古で3万円程度。ちなみに、上位のULTEGRA・6800系はセットで7万円以上するため、105のコスパの高さが光ります。

5700系

2010年5月発表と、5800系の一つ前のモデルですが10年以上も前のモデルでシマノのロードバイク向けコンポーネントでも古株に入ります。

2x10速なため、現行のR7000系、一世代新しい5800系との互換性はありませんが、一つ上の旧ULTEGRA・6700系、一つ下のTIAGRAの旧2x10速世代である4600系と互換性があります。

コンポセットは中古で2万円程度。

スポンサーリンク

手頃な価格が魅力な中古の105コンポ

CLARIS、SORAなどのコンポを搭載したロードバイク入門車から手頃な価格でアップグレードをするなら、中古で価格が下がっている5800系、5700系が候補に上がります。

そこで悩みどころなのが5800系にするか、5700系にするかという点です。

両者は変速が違うだけでなく、上位グレードの互換性も変わってくるため、アップグレードをする際は慎重に選ぶ必要があります。

5800系と5700系の違い

大きな違いは変速です。5800系は2x11速、5700系は2x10速となっています。また、105は世代が新しくなるほど上位であるULTEGRAに近い設計思想になっているため、上位譲りの使い勝手を求めるのであれば5800系の方が良いでしょう。

また、シマノのロードバイク向けコンポーネントを性能比較する際は、「世代 > グレード」と言われているので、グレードにこだわるよりも新しいコンポーネントを選んだ方が良いとされています。ただし、その分価格は高くなります。

TIAGRA・4600系からのアップグレードなら5700系

現状が2x10速のTIAGRAなら、5700系はTIAGRA・4600系と互換があるので(4700系は公式では非互換)「パーツごとに段階的にアップグレード」が可能です。STIレバーがこれまでの触覚系でなく、内装系になったのでアップグレード感も出ます。

中古で状態の良いものを購入しつつ、徐々にアップグレードしていくとコスパが一番良いでしょう。ただし、一つ上のグレードへのアップグレードなので、あまり差は感じられないかもしれません。

また、11速化したいのであれば、5800系しか選択肢はありません。

TIAGRA・4700系、SORA、CLARISからなら5800系

シマノの入門グレードであるSORA、CLARISは、5800系とも5700系とも互換性がないため、1万円の差額なら現行105であるR7000とも互換性がある5800系がオススメです。TIAGRA・4700系も、他のコンポとの互換性がないため、105・5800系へのアップグレードになります。

5800系はクランク、STIレバーなど大幅なデザイン変更があって、現行ラインに近いデザインになっています。

5800系だと、そのあとにパーツごとに現行R7000系へのアップグレードだけでなく、DURA-ACE、ULTEGRAグレードへのアップグレードも可能なため、長く使えます。

5800系のデメリットとしては、あと2万円ほど出せば新品のR7000世代のセットが手に入ること。この点を考えると、あまりコスパは高くありません。


ロードバイクの中古105アップグレードは5800系と5700系どちらが良いのかをみてきました。

アップグレード元がどのグレードになるのか、将来的にどこにアップグレードしていきたいのかでだいぶ方向性が変わります。どういった方向性でアップグレードしたいのかを考えて、5800系にするか5700系にするかを考えてみてください。

スポンサーリンク

中古自転車・パーツとの上手な付き合い方

コンポーネントについてもっと知ろう

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

spring1000 1,000円 OFF

イオンバイク

イオンバイクモール 1,100円OFFクーポン

イオンバイクモールで、1万円以上の買い物で使える1,000円OFFクーポンが配布!3/1朝10時から4/15朝9:59まで

2024年4月15日 09:59まで

クーポンを見る
1,100円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイク楽天市場店 1,100円OFFクーポン

イオンバイクの楽天市場店で、4/14夜8時から4/17 9:59まで使える、税込20,000円以上で税込1,100円OFFクーポンが配布!先着200名まで。

2024年4月17日 09:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス