軽さならコレ!軽量ロードバイクタイヤ・ランキングまとめ

最終更新日: 2023/08/04

公開日: 2021/12/14

ロードバイク向けのタイヤを、クリンチャー、チューブラー、チューブレスディ、それぞれのタイプ別に重要で比較。サイズごとの軽量ロードタイヤをまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

※タイヤ重量はブラックタイヤの重量を記載しています。カラータイヤは重量が異なることがあります。

クリンチャー

23C

かつてのロードバイクの主流だったのが細身の23C。現在は25Cにメンスストリームの座を明け渡した感がありますが、未だに愛用者も多いサイズです。

メーカー モデル タイプ 定価 重量
Panaracer AGILEST LIGHT クリンチャー ¥6,820 160g
Panaracer Gillar クリンチャー ¥6,820 160g
Continetal GRAND PRIX TT クリンチャー ¥9,680 180g
Goodyear EAGLE F1 クリンチャー ¥7,700〜8,250 195g
IRC ASPITE PRO RBCC クリンチャー ¥6,820 205g(24C)
Pirelli P ZERO ROAD クリンチャー ¥6,700 215g(24C)
SCHWALBE PRO ONE クリンチャー ¥9,680 215g
Michelin POWER ROAD クリンチャー ¥5,720 223g

最軽量は、Panaracerの新ロードタイヤシリーズ「AGILEST」の軽量モデルと、レース特化タイヤ「Gillar」で重量はわずか160g。次点にContinetalのタイムトライアル向けタイヤGRAND PRIX TTで、こちらも180gと超軽量です。

25C

現在のロードバイクの主流なのが25C。23Cよりも太く、それでも転がり抵抗は低いということで、23Cに近い感覚で乗ることができます。ここ数年で軽量化も進み、23Cに近い軽量さも人気の理由でしょう。

メーカー モデル タイプ 定価 重量
Panaracer AGILEST LIGHT クリンチャー ¥6,820 170g
Panaracer Gillar クリンチャー ¥6,820 170g
Continetal GRAND PRIX TT クリンチャー ¥9,680 190g
IRC ASPITE PRO S-LIGHT クリンチャー ¥7,480 200g
Goodyear EAGLE F1 クリンチャー ¥7,700〜8,250 210g
Panaracer AGILEST FAST クリンチャー ¥9,900 230g
Michelin POWER ROAD クリンチャー ¥5,720 235g
SCHWALBE PRO ONE クリンチャー ¥9,680 235g
Pirelli P ZERO ROAD クリンチャー ¥6,700 235g(26C)

25Cでも、PanaracerのAGILEST LIGHTとGillarが最軽量でわずか170gで最軽量タイヤとなりました。Continetal、IRC、Goodyearが続きます。

Panaracer、Continetal、IRC、Goodyearなどの上位メーカーに関しては、23Cから10〜20gほどしか変化がないというのもすごいところです。それ以外のメーカーは25Cからやや重くなっていきます。

28C

より安定感が増すということで、ライトユースなグラベルロードなどにも採用されるのが28C。23Cと比べるとかなり太めのサイズで、安定感と共に重量もアップしてしまうところが難点です。

メーカー モデル タイプ 定価 重量
Panaracer AGILEST クリンチャー ¥6,270 210g
IRC ASPITE PRO S-LIGHT クリンチャー ¥7,480 220g
Goodyear EAGLE F1 クリンチャー ¥7,700〜8,250 235g
Continetal GRAND PRIX 5000 クリンチャー ¥9,020 240g
Panaracer Race A Evo4 クリンチャー ¥5,940 240g
Panaracer AGILEST FAST クリンチャー ¥9,900 250g
SCHWALBE PRO ONE クリンチャー ¥9,680 250g
Michelin POWER ROAD クリンチャー ¥5,720 255g
Pirelli P ZERO ROAD クリンチャー ¥6,700 255g

28Cでも、PanaracerのAGILESTシリーズが最軽量。他メーカーのトップグレードタイヤの23Cくらいの重量と超軽量です。旧シリーズとなったRace A Evo4も240gと上位に肉薄する軽量さで、値段を考えたらかなりコスパが高いと言えるでしょう。

次点がIRCの新タイヤ・ASPITE PRO S-LIGHT。AGILESTよりもレース寄りのタイヤですが軽量という意味では、ほぼ同格です。

そのほか、GoodyearのEAGLE F1やContinetalのGRAND PRIX 5000も28Cとしては軽量ですが、AGILESTとASPITE PRO S-LIGHTが頭ひとつ抜けています。

チューブラー

23C

最近ではラインアップが減ってきているのが23Cのチューブラータイヤ。軽量でありながら転がり抵抗が少なく、耐パンク性能が高いメリットがあります。

メーカー モデル タイプ 定価 重量
Vittoria CORSA SPEED チューブラー チューブラー ¥14,850 200g(23mm)
Continetal COMPETITION チューブラー ¥16,940 260g(22mm)
Michelin POWER Competition チューブラー ¥12,760〜13,200 260g
Panaracer Practice チューブラー ¥3,719〜3,850 270g(22.5mm)

23Cのチューブラータイヤでは、Vittoriaの「CORSA SPEED チューブラー」が最軽量で200g。チューブ込みで200gというのは恐ろしく軽量言えます。

25C

安定感と走りのバランスが良いのが25Cのチューブラータイヤ。23Cとの重量差も少ないため、チューブラーのメリットが大きくなります。

メーカー モデル タイプ 定価 重量
Vittoria CORSA SPEED チューブラー チューブラー ¥14,850 205g(25mm)
Panaracer AGILEST TU チューブラー ¥10,780 260g
Continetal COMPETITION チューブラー ¥16,940 280g(25mm)
Panaracer Race A Evo4 チューブラー ¥10,780 280g(25mm)
Michelin POWER Competition チューブラー ¥12,760〜13,200 280g

ここでも、Vittoriaの「CORSA SPEED チューブラー」が最軽量で205g。23Cから5gしか重量アップがしていないのは驚異的です。

PanaracerのAGILEST TUも260gと健闘していますが、クリンチャーほどの圧倒的な軽さはありません。

チューブレス・レディ

25C

チューブレスレディタイヤの中でもボリュームゾーンになるのが25C。そこそこの太さもあり、軽量にも作れるため、チューブがないというメリットを出しやすいサイズです。

メーカー モデル タイプ 定価 重量
Panaracer AGILEST TLR チューブレス・レディ ¥7,370 220g
IRC FORMULA PRO TLR S-LIGHT チューブレスレディ ¥8,360 220g
Pirelli P ZERO RACE TLR SL チューブレスレディ ¥11,200 230g(24C)
Vittoria SPEED TLR チューブレスレディ ¥8,800 240g
Michelin POWER ROAD TLR チューブレスレディ ¥8,360 275g

チューブレス・レディタイヤでは、日本のタイヤメーカーが最軽量に。

Panaracerの新ロードタイヤシリーズ「AGILEST」、IRC(井上ゴム)の「FORMULA PRO TLR S-LIGHT」が共に220gで最軽量タイヤに。25Cでチューブなしで220gとなると、低価格クリンチャータイヤからのアップグレードで、前後で300gほど軽量化も出来るレベルの軽さです。

コスパ面で見ると、軽量ながらも唯一定価で8,000円を切るAGILEST TLRのコスパの高さが光ります。

28C

太いけど重くならないというチューブレス・レディタイヤのメリットを生かせるのが28Cタイヤ。グラベルロードなどでも人気となるサイズです。

メーカー モデル タイプ 定価 重量
Pirelli P ZERO RACE TLR SL チューブレスレディ ¥11,200 245g(26C)
Panaracer AGILEST TLR チューブレス・レディ ¥7,370 250g
IRC FORMULA PRO TLR S-LIGHT チューブレスレディ ¥8,360 250g
Michelin POWER ROAD TLR チューブレスレディ ¥8,360 305g
Vittoria CORSA TLR チューブレスレディ ¥8,800 305g

28CではPirelliのP ZERO RACE TLR SLが最軽量チューブレスレディ・タイヤになりました。28Cでチューブなしで前後490gであれば、クリンチャーの23Cタイヤくらいの重量感覚で履けるのが大きなメリットですね。

25Cで最軽量だったAGILEST TLR、FORMULA PRO TLR S-LIGHTもほぼ同じ重量なので、価格を考えたらこちらを選ぶのもアリでしょう。

この記事で紹介したアイテム

スポンサーリンク

手軽で効果絶大!タイヤに拘ろう

もう迷わない!メーカー別・ロード向けタイヤ・ガイド

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

spring1000 1,000円 OFF

イオンバイク

イオンバイクモール 1,100円OFFクーポン

イオンバイクモールで、1万円以上の買い物で使える1,000円OFFクーポンが配布!3/1朝10時から4/15朝9:59まで

2024年4月15日 09:59まで

クーポンを見る
1,100円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイク楽天市場店 1,100円OFFクーポン

イオンバイクの楽天市場店で、4/14夜8時から4/17 9:59まで使える、税込20,000円以上で税込1,100円OFFクーポンが配布!先着200名まで。

2024年4月17日 09:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス