クリンチャータイヤのメリット・デメリット

最終更新日: 2022/06/13

公開日: 2021/11/19

シティサイクルからロードバイクなどのスポーツバイクまで、自転車で幅広く使われているクリンチャータイヤ。そのメリット・デメリットをまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

クリンチャータイヤのメリット

パンクした時に簡単にチューブ交換が出来る

クリンチャータイヤの最大のメリットはメンテナンス性の高さです。

一度もタイヤチューブの交換をしたことがない方は不安かもしれませんが、一度やってみればそこまで難しい作業でもなく、覚えてしまえば誰でも数分で交換が出来るようになるくらい、クリンチャータイヤーのメンテナンスは簡単です。

出先でパンクしてもクリンチャーならその場で簡単に修理できる

この点は、脱着が大変なチューブラーや、シーラントが必要なチューブレスレディタイヤ、一気に空気圧をあげるためにタイヤブースターなどが必要なチューブレスタイヤと比較して、クリンチャーの強みでもあります。

サイクリングなどのロングライドのトラブル時にも、交換チューブと空気入れを持っていくだけで良いので身軽になるというメリットもあります。

タイヤの選択肢が広い

クリンチャータイヤは、現在自転車でもっとも使われているタイプのタイヤなので、シティサイクル向けだけでなく、ロードバイク向け、クロスバイク向けも含めて、一番選択肢が広いタイヤです。

さらに、完成車に搭載されているホイールは、ほとんどがクリンチャーホール、もしくはクリンチャーでも使えるチューブレスレディ・ホイールなので、ホイールを交換しないでも、いろんなタイヤを試せるというメリットもあります。

この点で言うと、専用ホイールが必要なチューブラーやチューブレスレディ・タイヤよりも手軽です。

値段が安い

クリンチャータイヤは、チューブとタイヤが別れているため構造がシンプルなため、チューブラーやチューブレス系のタイヤよりも価格が安くなります。

また、クリンチャータイヤには1本2〜3,000円ほどのエントリー向けタイヤも多くラインアップされているので、通勤・通学などの性能よりもコスパが重要になるケースではクリンチャータイヤの価格の安さが時にメリットになるでしょう。

クリンチャータイヤのデメリット

パンクしやすい

パンクは自転車でもっと多いトラブル

チューブという穴が空きやすいパーツとホイールリムが接しているので、空気圧が低いとリムとタイヤに挟まれてチューブに穴があく「リム打ちパンク」を起こしやすくなります。

また、クリンチャータイヤはチューブで形を保っているため、踏んでしまった異物がタイヤを貫通してチューブまで届くと、空気が抜けて走行不可になってしまいます。

こうした外的な要因以外でも、タイヤとチューブが常に擦れているため、チューブの劣化によるパンクも起こります。

このあたりは、パンクがしづらいチューブラータイヤや、穴が空いてもシーラントが穴を埋めてくれるチューブレスレディタイヤに軍配が上がります。

重くなる

クリンチャータイヤは、インナーチューブを入れないと使えないためチューブが必要です。タイヤチューブは軽いものでも1本100gくらいするので、チューブの分だけどうしても重くなってしまいます。

チューブラータイヤと比較するとクリンチャータイヤはチューブ込みでも軽量ですが、最新のチューブレスタイヤと比較するとどうしても重くなります。

ただし、このデメリットは最近流行の「TPUチューブ」を使うことである程度解消できます。TPUチューブは1本40g程度の超軽量チューブで、この数年で価格もかなり低価格化してきました。

TPUチューブはメリット・デメリットがあるので、確認した上で導入するようにしましょう。

業界的には徐々にチューブレス化が進んでいる

タイヤメーカーの新作を見てみると、これまでクリンチャーかチューブラーの2種類だったタイヤの中に、徐々にチューブレスレディやチューブレスタイヤが広がってきています。メーカーによっては、新作はチューブレス系のみと言うメーカーもあるくらいです。

特にスポーツ自転車界隈ではその傾向が強いため、クリンチャータイヤは今後徐々に新作が減っていく可能性があります。

ただ、それでも既存ユーザーがかなり多いのがクリンチャータイヤなので、この先10年ほどはしっかり製品があると思っても大丈夫でしょう。

スポンサーリンク

手軽で効果絶大!タイヤに拘ろう

軽量化にも貢献!インナーチューブを徹底比較

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

1,100円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイク楽天市場店 1,100円OFFクーポン

イオンバイクの楽天市場店で、6/1から6/25まで使える、税込20,000円以上で税込1,100円OFFクーポンが配布!今回は長めなので狙い目!

2024年6月25日 23:59まで

クーポンを見る
最大¥2,000 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

6月20日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、6/20に使える最大2,000円OFFクーポンが配布中!先着50名限定!

2024年6月20日 23:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス