SCHWALBE(シュワルベ)のロード向けタイヤのシリーズと種類まとめ

公開日: 2022/01/18

日本でも格安インナーチューブで人気のSCHWALBE(シュワルベ)。SCHWALBEのロード向けタイヤのシリーズと種類と選び方をまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

※タイヤ重量はブラックタイヤの重量を記載しています。カラータイヤは重量が異なることがあります。

SCHWALBE(シュワルベ)のロード向けタイヤのシリーズ

PRO ONEシリーズ

SCHWALBE(シュワルベ)のロードバイク向けタイヤの最上位グレードで、レーシンググレードに位置付けられるのがPRO ONE。ベースモデルのPRO ONEはクリンチャーとチューブレスモデルの2モデルを、よりレーシーな走りを実現するPRO ONE TTはチューブレスモデルのみのラインアップ。

スピードとコントロール性能をしっかりとバランスしており、高速域でもしっかりとしたコントロール性能を誇ります。

なお、シュワルベの「TUBELESS EASY」は他社メーカーで言うところの「チューブレス」で、チューブレスでありながらレーサーが好むチューブラーのような走り心地を目指したモデルです。

モデル タイプ 定価 20C 23C 25C 28C 30C 32C
PRO ONE クリンチャー ¥9,680 - 215g 235g 250g 280g 310g
PRO ONE TUBELESS EASY チューブレス ¥12,100 - - 265g 280g 305g 325g
PRO ONE TT TUBELESS EASY チューブレス ¥12,100 - - 220g 240g - -

ベースのPRO ONEシリーズは、価格は高めですが重量と性能のバランスが良く、サイズ展開も23Cから32Cまでと選択肢が広いのが魅力。

最軽量のPRO ONE TT TUBELESS EASYは、チューブレスで1本220gからと超軽量に仕上がっており、レースやヒルクライムなど軽量化が重要となるシーンで強みとなります。

ONEシリーズ

最上位のPRO ONEの一つ下のグレードがONEシリーズ。PRO ONEをベースに作られた廉価版で価格が30%ほど抑えられており、PRO ONEよりもオールラウンドよりのデザインになっています。

オールラウンド化に際して耐久性を向上させたことにより重量がややアップしており、特にチューブレスモデルはPRO ONEよりも大幅に重量アップしています。

モデル タイプ 定価 20C 23C 25C 28C 30C 32C
ONE クリンチャー ¥6,930 - 225g 245g 265g 290g 305g
ONE TUBELESS EASY チューブレス ¥8,500 - - 310g 330g 345g 380g

クリチャータイヤとしては性能・軽量・価格のバランスの非常に良いがのONEシリーズ。レースグレードを望まないのであればONEシリーズで十分でしょう。

一方で、チューブレスタイヤとしてはPRO ONEとONEの差は重量という形で大きく現れており、より軽量なバイクを組みたいのであれば、PRO ONE一択でしょう。

DURANOシリーズ

ONEシリーズと同様にオールラウンドモデルに位置付けられるミドルグレードがDURANOシリーズ。レースグレードのPRO ONEをベースにしたONEシリーズに対して、オールラウンドタイヤとして耐久性アップに重点を置いたのがDURANOシリーズです。Eバイクにも対応しています。

ベースとなるDURANOと、耐パンク性能を最高グレードまで高めたDURANO PLUSの2種類がラインアップ。どちらもクリンチャーのみとなっています。

モデル タイプ 定価 20C 23C 25C 28C 30C 32C
DURANO クリンチャー ¥7,700 - - 295g 330g - -
DURANO PLUS クリンチャー ¥8,800 - - 385g 450g - -

耐パンク性能が高いとはいえ、クリンチャータイヤとしてはかなりの重量級タイヤです。特にDURANO PLUSは25Cでほぼ400gと、他社で言えばグラベルタイヤに近い重さになります。

バイクの重量を重要視するのであれば、ONEシリーズを選んだ方が良いでしょう。

LUGANOシリーズ

SCHWALBE(シュワルベ)のロードバイクタイヤのエントリーグレードがLUGANOシリーズ。耐パンク性能を高めつつ、コストダウンをしっかり行ったコスパの高いタイヤになっています。

ベースモデルのLUGANO2と、耐久性を高めたLUGANO2 ENDURANCEの2モデルをラインアップ。LUGANO2 ENDURANCEについてはワイヤービードタイヤのみとなっており、かなりの重量級タイヤになっています。

モデル タイプ 定価 20C 23C 25C 28C 30C 32C
LUGANO2 クリンチャー ¥4,290 - - 280g 310g - -
LUGANO2 ENDURANCE クリンチャー ¥2,640 - - 490g - - -

SCHWALBE(シュワルベ)のロード向けタイヤの選び方

日本でも格安インナーチューブで人気のSCHWALBEですが、ロードタイヤのラインアップはエントリーからプロまでの全てをカバーするバランスの良いラインアップです。

エントリーミドルのレンジがやや弱く、プロ、ミドルとの差が大きいことは理解しておきましょう。

ホビーユースならONEシリーズでも問題なし

1秒を争うプロではないホビーユースであれば、ONEシリーズでも十分な性能です。PRO ONEシリーズと同レベルで軽く、性能と価格をバランスを考えたらベストバイと言えます。

ロングライフを重要視するなら一つ下のDURANOシリーズも良いですが、重量がかなり上がってしまうので、走行性能を考えたら、ONEシリーズを早めに交換する運用の方が快適性はアップするでしょう。

チューブレスならPRO ONE一択

SCHWALBEはチューブレスタイヤもしっかりラインアップしている数少ないメーカーです。ただ、ここ数年で出てきたタイヤタイプだけにラインアップは少なく、SCHWALBEのチューブレスタイヤで言えば、ほぼPRO ONE一択と言っても過言ではありません。

PRO ONEのチューブ不要で前後で400g台という軽さは、軽量バイクを仕上げる上で一つの武器になります。これが、一つ下のグレードのONE TUBELESS EASYとなると、前後で600gからとかなりの重量アップになるので、数千円の差ならPRO ONEを選ぶべきでしょう。

エントリーモデルは他のメーカーとも比較しよう

SCHWALBEのロードバイク向けタイヤは、トップグレード、トップミドルグレードのラインアップが厚く、逆にエントリーグレードのLUGANO2になると大幅に性能が下がってしまうのが難点。

価格的にも、他社のロードバイクタイヤのエントリーからミドルグレードくらいの価格なので、エントリーモデルを探しているのであれば、他社のエントリーモデルもしっかりと比較して購入すると良いでしょう。

スポンサーリンク

手軽で効果絶大!タイヤに拘ろう

もう迷わない!メーカー別・ロード向けタイヤ・ガイド

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

10% OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 10%OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品が10%OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る
¥100 OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 100円OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品(空気入れ)が100円OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス