自転車ホイールのASTM規格とは何か?

公開日: 2022/11/01

自転車ホイールの規格の一つである「ASTM規格」とは何か。ホイールを選ぶ際に注意すべきポイントをまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

世界最大の国際標準化・規格設定機関「ASTM」が定めた規格

ホイールのASTM規格とは、世界最大の国際標準化・規格設定機関「ASTM(America Society for Testing and Materials)」が定めた規格のことを指します。

日本ではあまり馴染みがないホイールのASTM規格ですが、エクストリームスポーツが盛んな海外では、ホイール選びの際に重要視される規格です。

カテゴリ別・ASTM規格

ホイールのASTM規格は「使用する状態・道(Condition)」に合わせて、5つのコンディション分けがされています。

ASTMコンディション 走行路 メモ
CONDITION1 舗装路 ほとんどのロード用ホイール
CONDITION2 舗装路+綺麗な砂利道 一部のロード用ホイールとグラベルホイール
CONDITION3 荒れた未舗装路や小さな障害物 MTBホイール
CONDITION4 非常に荒れた未舗装路を高速走行 MTBダウンヒルホイール
CONDITION5 ダウンヒルやジャンプ エクストリームライド用

ロードバイクホイールの場合は、ほとんどがコンディション1になります。一部「ロードでもグラベルでも使える」としているホイールはコンディション2のものもあります。

グラベルロード向けのホイールはコンディション2とコンディション1に該当するものがあります。ここは製品によって違うため、メーカーに問い合わせて確認するのがベストです。

意外なのがコンディション2は「綺麗な砂利道」を想定していること。つまり、グラベル用ホイールは、MTBコースなどを想定していないということになります。

コンディション3以降については、MTBからダウンヒルやジャンプなどのエクストリームスポーツまで、ライドの危険性に合わせて3段階あります。この辺りのライドを行う方は、すでにASTM規格に合わせてホイールを購入しているかもしれません。

ASTM規格外の使い方をするとどうなるか?

ホイールのASTM規格はあくまで「メーカーが性能・品質を保証できる走行条件」ですので、それ以外の用途で使っても問題ありません。ただ、コンディションレベルが低いホイールを、MTBコースなどのコンディションの高い用途で使うと破損するリスクが高まります。

「ロードホイールでもグラベルを問題なく走行出来た」という報告もよく見かけますが、たまたま何も起こらなかっただけの可能性もあります。実際、コンディション1のロード用カーボンホイールでグラベルを走ったらカーボンリムが破断したというケースもあります。

そう考えると、なるべく想定コンディションに合わせて使う方が良いでしょう。

特に、MTBコースやトレイルなどのライド自体が事故の危険性がある場合は、しっかりとホイールが想定する用途に合わせましょう。

スポンサーリンク

もう迷わない!メーカー別・ロード向けタイヤ・ガイド

手軽で効果絶大!タイヤに拘ろう

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

10% OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 10%OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品が10%OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る
¥100 OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 100円OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品(空気入れ)が100円OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス