ロードバイクの”たすき掛けギア”を避けるギアの組み合わせまとめ

公開日: 2020/10/01

ロードバイクのチェーンが”たすき掛け”になってしまうギアと、チェーンのたすき掛けを避けるギアの組み合わせまとめました。シフトチェンジをする時の注意ポイントや練習の仕方なども。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

なぜチェーンのたすき掛けが非推奨なのか?

たすき掛けはパーツを余計に消耗させる

シマノなどの大手コンポメーカーは、チェーンがたすき掛けになる組み合わせでの使用を非推奨としています。理由としては、チェーンに横方向の力がかかることで、チェーンやスプロケットの余計な消耗につながるためです。

チェーンやスプロケットは、ロードバイクのコンポの中では価格が高くない方のパーツですが、それでも消耗品である以上、長く使えるに越したことはありません。

ペダリングパワーをロスするから

チェーンがたすき掛けになると、当然ですがチェーンラインは斜めになります。チェーンラインが斜めになるとパワーが外に逃げてしまいます。

わかりやすくするために「綱引き」をイメージしましょう。ロードバイクのチェーンが綱で、フロントが自分、リアが対戦相手です。

綱引きは一直線になっている時が一番力が伝わります。お互いが一直線の時は力が均衡しますから、腰を落とすなど、より力を入れて相手よりも強い引っ張れれば勝つことができます。一方で、綱引きでは少しでも横にづれると縦方向の力が弱くなって相手に一気に引っ張られてしまいます。

チェーンがたすき掛けはまさにこの状態で、直線方向への力が外に逃げてしまうためパワーロスになってしまうのです。

たすき掛けを知るなら、ギアのメインゾーンとデッドゾーンを知ろう

ロードバイクの場合、フロントのチェーンリングが2枚、リアスプロケットが8〜11枚というパターンが多いですが、チェーンのたすき掛けが発生するのは、フロントのチェーンリングに対してリアスプロケットのデッドゾーンに入った時です。

メインゾーンの出し方

リアスプロケットの中央(真ん中のギア)と前後1枚(リア枚数によって2枚)がメインゾーンです。

というのも、ロードバイクのフロントギアとリアギアは、概ね中央で結んだラインにセンタリングして組み込まれているからです。

ロードバイクのフロントとリアのライン

例えば、シマノのSORA 9sであれば、9速なのでリアスプロケットの中央は5速、メインゾーン4〜6速になります。

また、メインゾーンの中央以外の2つのギア(9速なら4速と6速)がフロントをシフトチェンジするキューにもなります。キューとは、リアがこの段目に来たらフロントを変速する必要がありそうだという目印です。

ロードバイクのギアのメインゾーン

デッドゾーンの出し方

リア・スプロケットのデッドゾーンは「メインゾーン以外」なので簡単に割り出せます。

シマノのロードバイク用コンポーネント「SORA 9s」であればは4〜6速がメインゾーンなので、1速、2速、3速、7速、8速、9速がデッドゾーン候補です。

ただし、これら6枚が全部デッドゾーンではなく、インナー寄りの1速、2速、3速はフロントがインナーの時にはデッドゾーンではありません。

ロードバイクのフロントがインナー時の可能なゾーン

一方で、アウター寄りの7速、8速、9速はフロントがアウターの時はデッドゾーンではありません。

ロードバイクのフロントがアウター時の可能なゾーン

表にすると下記のようになります。

リアギア フロント・アウター フロント・インナー
1速(30) x
2速(26) x
3速(23) x
4速(20)
5速(18)
6速(16)
7速(14) x
8速(12) x
9速(11) x

SORAの例では

  • フロントギアがインナーの時は1〜6速まで
  • フロントギアがアウターの時は4〜9速まで

がチェーンのたすき掛けが起こらない組み合わせになります。

逆にいうと、SORA 9sの場合は、「フロントアウター x 1〜3速」と「フロントインナー x 7〜9速」がチェーンのたすき掛けが起こる組み合わせとなります。

スポンサーリンク

チェーンがたすき掛けにならないギアチェンジ方法の出し方

ギア組み合わせの速度を出そう

まずは、自分のロードバイクの速度がどの組み合わせでどれくらい出るのかを確認しましょう。

シマノのSORAを例に25cのタイヤをはいたロードバイクで、ケイデンス80rpm平均で走行するとして速度を出します。

ギアの組み合わせと速度は下記のようになります。

フロント リア ギア比 ケイデンス 速度
アウター 1速 1.67 80 16.8km/h
アウター 2速 1.92 80 19.4km/h
アウター 3速 2.17 80 21.9km/h
アウター 4速 2.50 80 25.2km/h
アウター 5速 2.78 80 28.0km/h
アウター 6速 3.13 80 31.5km/h
アウター 7速 3.57 80 36.0km/h
アウター 8速 4.17 80 42.0km/h
アウター 9速 4.55 80 45.8km/h
インナー 1速 1.13 80 11.4km/h
インナー 2速 1.31 80 13.2km/h
インナー 3速 1.48 80 14.9km/h
インナー 4速 1.70 80 17.1km/h
インナー 5速 1.89 80 19.0km/h
インナー 6速 2.13 80 21.4km/h
インナー 7速 2.43 80 24.5km/h
インナー 8速 2.83 80 28.6km/h
インナー 9速 3.09 80 31.2km/h

メインゾーンの速度を出そう

続いてこのロードバイクのメインゾーンの速度をピックアップしましょう。

フロント リア ギア比 ケイデンス 速度
アウター 4速 2.50 80 25.2km/h
アウター 5速 2.78 80 28.0km/h
アウター 6速 3.13 80 31.5km/h
インナー 4速 1.70 80 17.1km/h
インナー 5速 1.89 80 19.0km/h
インナー 6速 2.13 80 21.4km/h

シティサイクル(いわゆるママチャリ)のギア比が2.285なので、インナーギアならメインゾーンだけでもシティサイクルよりも軽く走り出せます。

高速域で見ると、メインゾーンだけでも最高で時速32kmほど出ます。レースでもない限り十分な速度ですので、普段乗りならメインゾーンで走ることだけを意識すれば、必然的にチェーンのたすき掛けを回避できます。

メインゾーンだけで走ると想定して組み合わせを出してみよう

メインゾーンの速度が出たら、実際にロードバイクでシフトチェンジをするシミュレーションをしてみましょう。速度は、平地を走行する前提です。

フロント リア ギア比 ケイデンス 速度
インナー 4速 1.70 80 17.1km/h
インナー 5速 1.89 80 19.0km/h
インナー 6速 2.13 80 21.4km/h
アウター 4速 2.50 80 25.2km/h
アウター 5速 2.78 80 28.0km/h
アウター 6速 3.13 80 31.5km/h

走り出しは「インナー・リア4速」でスタートします。そこからリアを5速、6速とシフトアップして6速まで行きます。

走り出しはインナーとメインゾーン

22km/h以上の速度が出ると空転してくるので、その前にリアを2枚シフトダウンして4速に落としてから、フロントをアウターにシフトアップします。逆にすると、チェーンが落ちやすくなるので注意してください。

速度が出たらアウターとメインゾーンにシフトチェンジ

ここからの組み合わせ(リアが4〜9速)は、アウターにとっては全て使えるギア組み合わせなので、速度に合わせてシフトアップ・ダウンをすればOKです。

一度アウターに上がれば4速以上はどれでもOK

難しいところが、「インナー・6速」から「アウター・4速」の切り替えで、慣れないと若干減速してしまう上に、スムーズにシフトチェンジ出来たとしても、ギア比がこれまでは約0.2ずつで上がってきたところにいきなり0.4上がるので、少し重く感じるはずです。

スピードに乗っていればちょっと力を入れればすぐにペースを戻せますが、思ったよりも減速してしまったら一時的に「アウター・3速」に落としてペースを戻しましょう。

「アウター・3速」でも重いと感じるなら、一旦フロントをインナーに落とした方が良いでしょう。

フロントをシフトチェンジするキューを覚えよう

ここまで出したらお分かりかと思いますが、ロードバイクでチェーンのたすき掛け発生するのはフロントギアが起点になります。逆にいうと、チェーンのたすき掛けにならならいギリギリのリアギア(キュー)を覚えておけばOKということです。

先ほど見た通り、SORA 9sの場合は4速と6速がキューなので、ここにきたらフロントをシフトチェンジすると覚えておきましょう。

覚え方としては、

  • 速度アップ時 -> 1、2、2-1(リア2回アップ、リア2回ダウン&フロントを1回アップ)
  • 減速から停止時 -> 2、1、1(リア2回ダウンで、フロントを1回ダウン)

と覚えると簡単です。

スポンサーリンク

フロントの変速でチェーン落ちがしたら?

フロントの変速を頻繁にするようになると、遭遇するのがチェーン落ちです。

チェーン落ちの原因は、

  1. シフトチェンジ時に踏み込んでしまっている
  2. 整備不良

のどちらかがほとんどです。特に最初の頃に多いのが「シフトチェンジ時に踏み込む」で、慣れないうちはシフトチェンジ中に焦ってしまってペダルを踏み込んでしまいがちです。

フロントのシフトチェンジは段差が大きいので、ペダルを踏み込むとトルクがかかりすぎてチェーンが落ちることがあるので注意しましょう。

操作に問題でないのであれば、整備の問題の可能性があるので、下記の記事を参考に対応してみましょう。

いろんなシチュエーションでシフトチェンジの練習しよう

チェーンのたすき掛けの起こらないシフトチェンジを理解した上で大事なのは、実際に様々なシーンでシフトチェンジをしてみることです。

理論ではわかっていても、実際に公道に出て走ると途端にパニックになったりもしますし、道路交通状況によっては、こちらの想定通りにシフトチェンジが出来ないことがあります。

こればっかりは練習するしかないので、車通りの少ないところで練習して体で覚えましょう。

スポンサーリンク

スプロケットについてもっと知ろう

フロントディレイラー・ガイド

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

1,100円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイク楽天市場店 1,100円OFFクーポン

イオンバイクの楽天市場店で、6/1から6/25まで使える、税込20,000円以上で税込1,100円OFFクーポンが配布!今回は長めなので狙い目!

2024年6月25日 23:59まで

クーポンを見る
最大¥2,000 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

6月20日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、6/20に使える最大2,000円OFFクーポンが配布中!先着50名限定!

2024年6月20日 23:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス