シマノのシクロクロス向けコンポ・CXシリーズの型番とグレード

公開日: 2021/08/18

シマノのシクロクロスコンポ・CXシリーズの型番とグレードについてまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

シマノのシクロクロス向けコンポは2種類

CX70(ULTEGRAグレード)

シマノのシクロクロス向けコンポの上位グレードがCX70。ロードバイク向けコンポではULTEGRAグレードにあたるようです。

CX70シリーズには、

  1. BR-CX70(ブレーキ)
  2. FD-CX70(フロントディレイラー)
  3. FC-CX70(フロントクランクセット)

がラインアップされています。

フロントディレイラー・FD-CX70は、泥対策を考えて上引き(トップルート)がラインアップされているのが特徴です。

CX50(105/TIAGRAグレード)

シマノのシクロクロス向けコンポの下位グレードがCX50。ロードバイク向けコンポでは105/TIAGRAグレードにあたるようです。

CX50シリーズには、

  1. BR-CX50(ブレーキ)
  2. FC-CX50(フロントクランクセット)

がラインアップされています。

CXシリーズはすでに旧モデルに

CXシリーズは10速対応モデルなので、105以上が11速となった現在では旧モデルとなってしまいました。

CXシリーズがULTEGRA/105グレードと言っても、フロントディレイラーの機構は2世代ほど前の旧タイプですし、フロントクランクの5アームなので、ULTEGRAで言えば6700系、105で言えば5700系と同型です。

CXシリーズの一部パーツは現在でも新品が流通していますが、規格や互換性が旧モデルということは理解しておきましょう。

今後はGRXに吸収される?

シマノはグラベル用のコンポとしてGRXをリリースしています。

ライド環境は同じではないですが、似たシチュエーションのグラベルロードが近年人気が上がってきており、シマノはシクロクロス用の新作コンポを出すよりも、グラベル用のGRXに吸収するのかもしれません。

時代的にもフロントシングル・リア多段、カンチブレーキよりもディスクブレーキという流れになってきているため、敢えてシクロクロス用のコンポを出すメリットもないのかもしれません。

スポンサーリンク

コンポーネントについてもっと知ろう

ブレーキについてもっと知ろう

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

1,100円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイク楽天市場店 1,100円OFFクーポン

イオンバイクの楽天市場店で、6/1から6/25まで使える、税込20,000円以上で税込1,100円OFFクーポンが配布!今回は長めなので狙い目!

2024年6月25日 23:59まで

クーポンを見る
最大¥2,000 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

6月20日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、6/20に使える最大2,000円OFFクーポンが配布中!先着50名限定!

2024年6月20日 23:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス