シマノのリアディレイラーのSS・GSとは?違いや見分け方、選び方

更新日: 2022年6月6日

公開日: 2020年12月29日

シマノのリアディレイラーの末版に記載されている「SS」「GS」の表示。それぞれの違いや見分け方、どちらを選べば良いのかをまとめました。

スポンサーリンク

シマノのリアディレイラーには2種類用意されているモデルがある

シマノのリアディレイラーには、モデルによってSS(ショートケージ)とGS(ミディアムケージ)の2種類がラインアップされています。ここでいう「ケージ」とはプーリーケージ(2つのプーリーを収めるユニット)の長さのことです。

上の画像はシマノの105・リアディレイラーですが、SS(左)とGS(右)でプーリーケージの長さがかなり違うことがわかります。

SSとGSの違いは、技術的には、

  • ロー/トップの最大歯数
  • ロー/トップの最小歯数
  • チェーンリングとのギア歯数差
  • トータルキャパシティ

ですが、簡単に覚えるのであれば、SS(ショートケージ)はクロスレシオなロード向けスプロケットに対応していて、GS(ミディアムケージ)はワイドレシオなスプロケットに対応していると覚えておけば良いでしょう。

ただし、最大歯数が大きいからと言って「GS(ミディアムケージ)にしておけば、大は小を兼ねるでOK!」というわけには行きません。

例えば、シマノのレースレディグレードの105のリアディレイラー・RD-R7000でGSとSSを比較すると、下記のようになっています。

項目 RD-R7000-GS RD-R7000-SS
ロースプロケット最大 34T 30T
ロースプロケット最小 28T 25T
トッププロケット最大 12T 14T
トッププロケット最小 11T 11T
最大フロントギア歯数差 16T 16T
トータルキャパシティ 39T 35T

注目ポイントは「ロースプロケット最小」と「トッププロケット最大」です。

GSは「ロースプロケット最小」が28Tになるので、11-25Tなどのクロスレシオなスプロケットが利用できません。また、「トップの最大歯数」が12Tになるので、14-28Tなどの軽めのスプロケットが利用できません。

同じGS・SSでも製品によってスペックが異なる

シマノの製品だったら、GS・SSでスペックが全て同じかというと、そうではありません。

例えば、エントリー向けのCLARISのリアディレイラー・RD-R2000-SSと、ミドルグレードの105のリアディレイラーRD-R7000-SSを比較すると、スペックがかなり違うことがわかります。

項目 RD-R2000-SS RD-R7000-SS
ロースプロケット最大 32T 30T
ロースプロケット最小 25T 25T
トッププロケット最大 13T 14T
トッププロケット最小 11T 11T
最大フロントギア歯数差 16T 16T
トータルキャパシティ 37T 35T

RD-R2000-SSのが広く(11-32T)、RD-R7000-SS(11-30T)のが狭いことがわかります。先ほど見たRD-R7000-GSの「ロースプロケット最大」が34Tでしたから、RD-R2000-SSと歯数2つしか変わりがありません。

製品によって選べるスプロケットが変わる

上の表で見た通り、同じSSシリーズでも、CLARISのがロースプロケットに大きなギア(軽いギア)を選ぶことが出来るため、かなり広いワイドレシオなスプロケットを選べますが、対応段数が8段なので段数ごとのギア比に大きな差が出てしまいます。変速の際にガクッと来るイメージです。

一方、105の方はワイドレシオなスプロケットにしたとしても、11段なので段数ごとのギア比の差は小さくなり、スムーズな変速が可能になります。また、ロースプロケットの最大が小さく、トッププロケット最大が大きい105は、14T-25Tなどのかなり極端なクロスレシオスプロケットが利用可能ということになります。

CLARISでも13T-25Tというクロスレシオを選ぶことは出来ますが、14T-25Tの11段の105の方がよりクロスレシオになります。

スポンサーリンク

自分のリアディレイラーはSS・GSどっち?見分け方は?

自分の使っているリアディレイラーがSSなのか、GSなのかは、最近のモデルでは明確な型番刻印などがないため見分けが難しくなっています。

見分け方のポイントとしては、

  1. プーリーケージの長さ(GSはプーリー間が3〜4cmほどある)
  2. プーリーケージの形状(GSはややカーブしている)

の二つです。

SS・GSによるプーリーケージの長さの違いは、見た目では判別がしづらいですが、プーリー間に「もう一つプーリー(直径が3〜4cm)が入るのがGS」、「入らないのがSS」と覚えておくと良いでしょう。

SS・GSによるプーリーケージの長さの違い

また、プーリーケージの形状についても、GSはSSよりもやや鋭角にカーブしているのが特徴です。並べて見ないとわからなくらいの差であることもありますが、プーリー間の長さと合わせて見ることで、判別可能です。

SS・GSによるプーリーケージの角度の違い

GS・SSどちらを選ぶのが良いのか?

どんな構成のギア比にしたいのかでGSかSSを選ぶのが基本です。スプロケットがクロスレシオならSS、ワイドレシオならGSになるでしょう。

かつてはロードバイクの場合は基本的にはSSを、MTBの場合はGSを完成車の標準リアディレイラーとして採用することが多かったですが、ここ数年のトレンドとしてリアスプロケットのワイド化が進んでいて、ロードでもMTBでも最近はGSが基本になってきています。

また、現在のMTBはGSよりもワイドな「SGS」が基本になっていますし、そもそもSSとGSを分けていないモデルもあります。

完成車のスプロケットを交換する時は「SSかGSか」を必ずチェックしよう

注意したいのは、完成車などについている標準装備のリアディレイラーのまま、スプロケットだけを交換するケース。この場合は、事前にリアディレイラーが対応するスプロケット歯数を調べて、対応するものに交換する必要があります。

対応しないリアディレイラー&スプロケットの組み合わせでも全く動かないことはないですが、プーリーケージの長さが違うため、ロー側・トップ側でプーリーがスプロケットに干渉したり、チェーンに無理なテンションがかかってチェーン切れを起こし、最悪フレームを傷つけてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、スプロケットのローの歯数が大きく変わると、チェーンの長さの調整やリアディレイラーのBテンションボルトの調整も必要となるため、初心者の方はショップにお願いするのがベストでしょう。


シマノのリアディレイラーのSS・GSについて見てきました。

ロードバイクでの走行に慣れてくると、走るシーンによってスプロケットを変えたり、より快適に走るためにスプロケットをアップグレードしたりしたくなりますが、その際にはしっかりとリアディレイラーの型番を調べて対応するスプロケットを選ぶようにしましょう。

この記事で紹介したアイテム

リアディレイラーについてもっと知ろう

スポンサーリンク

最新セール

特別価格 クーポンを見る

イオンバイク

イオンバイク 台数限定セール

イオンバイクで8/10 朝10時から8/21までの台数限定セールが開催。今回は、クロスバイク、eバイク、電動アシスト自転車、折り畳み自転車が台数限定特別価格に!

2022年8月21日 23:59:59まで

セールページを見る
最大50% OFF クーポンを見る

Chain Reaction Cycles

2022 サマーセール

CRCで最大50%OFFの、2022年サマーセールが開催!ロードアイテムもMTBアイテムも今だけの特価!9/2 朝8時まで

2022年9月2日 07:59:59まで

セールページを見る
特別価格 クーポンを見る

サイパラ

サイパラ 期間限定パラダイスセール

サイクルパラダイスで1600アイテム以上が一斉値下げの超サマーセールがスタート!中古車、中古アイテムをお得に買うチャンス!

セールページを見る
最大50% OFF クーポンを見る

ProBikeKit

PBKサマーセール

PROBIKEKITで、2022年のサマーセールがスタート!タイヤ、ホイールなどの人気アイテムが最大40%OFF。8/16 19時まで

2022年8月16日 18:59:59まで

セールページを見る
5% OFF クーポンを見る

ワイズロード

完成車 2 BUY 5%OFF

Y's Roadで、完成車を2台同時に購入すると会計時に追加5%OFF!店舗受取でも、配送でもOK!9/1 朝10時まで。

2022年9月1日 09:59:59まで

セールページを見る
最大30% OFF クーポンを見る

ワイズロード

2022 サマーウェア MAX30%OFFセール

Y's Roadで、夏ウェアが最大30%OFFになるセールが開催!8/21までの限定開催です。

2022年8月21日 23:59:59まで

セールページを見る

最新クーポン

最大2,000円 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

8月20日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、8/20に使える、先着200名限定の最大2,000円OFFクーポンが配布!さらにポイント最大222倍!

2022年8月20日 23:59:59まで

クーポンを見る
CLEAR2022 ¥2,000 OFF

Chain Reaction Cycles

CRC クリアランスバウチャー

CRCでクリアランスアイテムを15,000円以上注文で追加で2,000円オフになるクリアランスバウチャーが配布中!

2023年1月1日 07:59:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス