ビンディングペダルのクリートの種類とそれぞれの特徴まとめ

最終更新日: 2022/11/18

公開日: 2022/05/09

ビンディングペダルとシューズをつなぐパーツがクリート。たかがクリートですが、メーカー各社によって特徴や違いがあり。それが使い勝手やメリット・デメリットにも繋がっている実は重要なパーツです。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

シマノのビンディングクリートの種類

日本でロードバイク、MTBのビンディングペダルと言ったら定番はシマノ。シマノは「SPD-SL」と「SPD」の二つのビンディングシステムを持っていて、それぞれ対応するクリートが異なります。

クリート規格 特徴 重量 素材 キャッチのしやすさ 歩きやすさ
SPD-SL 固着面が広くパワーを使えやすい 軽い プラスチック
SPD ソールに埋め込むため、歩行しやすい 軽い 金属

シマノ同士でクリートから選ぶ際は、

  1. パワー伝達は弱いけど、長寿命で歩きやすいSPD
  2. パワー伝達が強いけど、寿命が短いSPD-SL

というのが選ぶ際のポイントになるでしょう。

SPD-SL

ロードバイク向けの「SPD-SL」用のクリートは三角形をしていてシューズに3点でボルト留めします。クリートのサイズが大きいため踏面が広く、ペダルに強く固着できるため、パワーをしっかりと伝えることができるというのが最大のメリット。

SPD-SLのクリートに対応するシマノのペダルは、製品にもよりますが、概ね他のビンディングペダルよりも固着が強く、その分クリップインが固めです。慣れれば問題ないレベルですが、最初のうちはストップ&ゴーであたふたしたり、シューズが外せなくて焦ることもあるかもしません。

また、SPD-SLのクリートはプラスチック製のクリートのため、歩行時は路面によっては滑る危険性があります。消耗も比較的早く、歩行するだけでなく信号待ちで地面に足を着くだけでも摩耗してしてしまいます。

SPD

MTB向けに開発されている「SPD」用のクリートは金属製の小さなパーツで、シューズのアウトソールの中に組み込むことができるため、歩行がしやすいのが特徴。SPDシューズの構造上、クリートが剥き出しにならなず、しかも金属ということで、クリートの寿命が非常に長いのがメリットです。

クリップインはよほど設定を硬くしない限りはクリップは軽めですが、クリート自体が小さいため、最初のうちはペダルのクリートキャッチ面を探すのにやや苦労するかもしれません。

また、固着面が狭いためSPD-SLほどのパワー伝達力はありません。

LOOKのビンディングクリートの種類

ビンディングペダルの祖であるLOOKのクリートは、現行モデルでは全て「KEOクリート」と呼ばれるプラスチッククリートになっています。KEOクリートはシマノのSPD-SLクリートと形が似ていますが、全く互換性はありません。

LOOKのクリートというと「ツルツル滑って歩行が怖いクリート」と呼ばれていましたが、KEOクリートにはラバー面を追加した「グリップクリート」があるため、歩行性能はアップしています。

クリートのキャッチについては、「軽すぎず、硬すぎず」というバランスの良い仕上げになっていて「初心者でも簡単に脱着ができる」という声が多いのがLOOKのビンディングです。

クリート規格 特徴 重量 素材 キャッチのしやすさ 歩きやすさ
KEOグリップクリート 固着面が広くパワーを使えやすい 軽い プラスチック&ラバー
KEOクリート ラバーなしのツルツルタイプ 軽い プラスチック x
デルタ・クリート ラバーなしのツルツルタイプ 軽い プラスチック x

スポンサーリンク

TIMEのビンディングクリートの種類

クリートのキャッチの軽さと、膝への負担を抑えたシステムが好評のTIME。

特殊形状なクリートがペダリング時の足の動きに自由を与え、他社のビンディングペダルでは考えられないような軽くてスムーズなクリップインを実現しています。

一方で、TIMEのクリートはプラスチック製で耐久性能が非常に低く、値段も高いことから「運用コストがかかるペダル」という声も。

クリート規格 特徴 重量 素材 キャッチのしやすさ 歩きやすさ
iClic クリップインが軽くスムーズ やや重い プラスチック

Wahoo SPEEDPLAYのビンディングクリートの種類

かつては金属プレート剥き出しのモデルもあったSPEEDPLAYのクリートですが、現行モデルでは全てラバーがついたクリートになっています。

元々金属製で寿命が長いSPEEDPLAYのクリートですが、ラバーがついているためクリート内部の金属の保護力もアップしています。一方で、クリート自体が重くなってしまうのがデメリットでしょうか。

SPEEDPLAYのクリートは、歩きやすさや脱着のしやすさでラインアップが分かれています。また、Ultra Light Action ペダルと Light Action ペダルは専用クリートになっているので注意しましょう。

クリート規格 特徴 重量 素材 キャッチのしやすさ 歩きやすさ
SPEEDPLAYクリート ラバー付きで歩行しやすい 重い 金属&ラバー x
ULTRA LIGHT ACTION WALKABLE クリート 歩行く脱着が軽い 重い 金属&ラバー x

この記事で紹介したアイテム

スポンサーリンク

今日からはじめるビンディング

人気メーカーのビンディングペダルを比較

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

10% OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 10%OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品が10%OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る
¥100 OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 100円OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品(空気入れ)が100円OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス