CO2ボンベを使うメリット・デメリット

公開日: 2022/03/23

玄人ロードバイクユーザーに好まれるパンク修理用の空気入れが「CO2ボンベ」。空気入れにCO2ボンベを使うメリット・デメリット、携帯用ポンプとの違いをまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

CO2ボンベとは?

自転車の空気を入れるために使う携帯用のミニサイズボンベで、自転車のバルブとボンベを接続する「インフレーター」と組み合わせて使うことで、タイヤに空気を入れることが出来るツールです。

CO2ボンベを使うメリットは?

まずは、CO2ボンベを使うメリットを見てみましょう。

  1. コンパクト
  2. 高圧で空気を入れられる
  3. ポンピング不要
  4. チューブレスタイヤでも大丈夫

CO2ボンベを携帯する理由としては、コンパクトで簡単に空気を入れられるというのが主な理由でしょう。出先で空気を入れるシーンはほとんどがパンク対応ですから、「パッと空気を入れてすぐにライドに戻れる」というメリットは大きいです。

特に、「真夏の炎天下(汗だくでポンピング)」や「真冬の寒空の下(凍えながらポンピング)」では、パンク修理は苦痛以外の何物でもないですから、ただでさえストレスが多いパンクの対応がすぐに出来るというのはコスト以上のメリットとも言えます。

また、最近のタイヤ事情で言えば、空気漏れを防ぐために高圧で空気を入れる必要がある「チューブレス、チューブレス・レディ」タイヤにも対応できるのも嬉しいポイントです。

CO2ボンベを使うデメリットは?

一方で、CO2ボンベにはデメリットもあります。

  1. 使い捨てで、コスパはよくない
  2. 空気圧の調整が難しい
  3. そこまで荷物を減らない

まず一番のデメリットは使い捨てであることでしょう。最近ではCO2ボンベは1本200円程度で購入できるのでそこまでコストはかかりませんが、壊れるまで永遠に使い続けることができる携帯用ポンプと比較すると、あまりコスパは良くありません。

また、荷物量としては、最近は携帯用ポンプが小型化してきているので、前後2本のCO2ボンベとインフレーターのサイズと比較しても、そこまでサイズ感は変わりません。

携帯用ポンプと何が違う?

では、一般的な携帯用ポンプと何が違うかを比較してみましょう。

項目 CO2ボンベ 携帯用ポンプ
空気を入れる速さ
空気を入れる楽さ
高圧にする
空気圧の微調整
荷物量
コスパ

やはり「速くて、楽で、高圧」というのがCO2ボンベの最大のメリットです。高圧で走るロードバイクやクロスバイクのタイヤだと、携帯用ポンプだと100プッシュくらい必要なところ、CO2ボンベなら「数十秒くらい押し付けるだけ」で充填できます。とても楽です。

ただし、携帯用ポンプよりも劣っている点もあって、CO2ボンベは「1本でチューブ1本分」というのが基本なので、チューブの交換に失敗するとCO2ボンベを無駄に消費してしまいます。自宅などなら問題ないですが、出先のパンク修理で「失敗して全部のボンベを使い切ってしまった」となると詰んでしまうのが厳しいところ。

最近では、携帯用ポンプにインフレータ機能が搭載されている「ハイブリッド・ポンプ」もあるので、ハイブリッド・ポンプを持っていれば、失敗のリスクヘッジも出来ます。

コスパという意味では携帯用ポンプよりはあまり良くないですが、しっかりと空気圧やタイヤの管理をしつつ、路上の障害物を回避するスキルがあれば、意外とパンクはしないものなので、その意味ではCO2ボンベでもコスパは悪くありません。

スポンサーリンク

空気圧を管理しよう

セルフ・メンテナンスをはじめよう!

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

10% OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 10%OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品が10%OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る
¥100 OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 100円OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品(空気入れ)が100円OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス