頭に汗をかかないためのロードバイク・ヘルメット選び

公開日: 2023/01/12

ロードバイクに乗っていると意外と悩みの種となるのが頭部の汗。頭に汗をかかないためのロードバイク・ヘルメット選びをまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

汗をかきにくいヘルメットの選び方

頭部の汗を防ぐためのヘルメットを選ぶ際は、

  1. ベンチレーションの多さ・大きさ
  2. 空気を後ろに逃がすデザイン

の二つに注目して選びます。

涼しいヘルメットはメーカーのヘルメットの紹介ページに「冷却効果が高い」「ベンチレーションが多い」という説明があることが多いので、そこを判断ポイントにするのも良いでしょう。

ロードバイクのヘルメットは通気性と空気抵抗を減らすエアロ効果のバランスが大事になるので、メーカーとしても「快適さ」と「エアロ効果」のバランスを取ってヘルメットをデザインしています。モデルによってはエアロ効果に寄せているモデルもあるのはそのためです。

そのため、メーカーが冷却効果を強調しているモデルは、エアロ効果よりも冷却効果にデザインを振っているモデルであるとわかるわけです。

ヘルメットの汗を防ぐためには「通気性を高める」ことが重要

ヘルメットをかぶっている状態で汗をかくのは、ヘルメットの中で頭が蒸れてしまうことが主な原因です。そのため、ロードバイク向けのヘルメットは、所謂ハーフメットスタイルで、全体にベンチレーションという穴を開けて、通気性を高めています。

同じヘルメットでも、バイクのヘルメットはライダーが運動をするわけではないので全面を覆う形になっていますが、ロードバイク向けのヘルメットが穴だらけなのはそうした理由です。

ベンチレーションのメリット・デメリット

ベンチレーションのメリットは、頭部に空気を送って蒸れを防いでくれることです。ベンチレーションは多いほど通気性がよくなりますが、多いほど頭が冷えるというわけでもなく、少ないから冷えないというわけでもありません。この辺りはヘルメットメーカーの腕の見せ所というわけです。

ロードバイクヘルメットの快適性を高めてくれるベンチレーションですが、通気性を高める代わりに空気抵抗を増やすというデメリットもあります。

時速40kmなどの高速域で自転車走行する場合、少しでも空気抵抗を減らすことが重要となるため、競輪やトラック競技、タイムトライアルなどでは、ベンチレーションの無いエアロヘルメットが採用されます。

冷却効果は個人差がある

ヘルメットは、個人によってフィット感も異なり、同じヘルメットでも「よく風が入ってくる」と感じる人もいれば、「ぴったりすぎて全然涼しくない」という人もいます。

ロードバイクのヘルメットは、頭部を守るという重要なアイテムなのでフィット感も重要になるので、フィット感はありつつ、空気が通りやすいヘルメットを選ぶのが重要です。

頭の汗を防ぐには「運用」も大事

ヘルメットなしでも汗をかくこともある

一方で、実はライド中の頭部の汗はヘルメットが原因ではないという場合もあります。

例えば、ヘルメットを被らないローラー台などのインドアトレーニングの時に、ある程度の負荷をかけるとヘルメットをしてな行くても頭から汗が滝のように流れてくることがあります。

ローラー台トレーニングで滝のように汗をかいてしまう体質の方は、ひょっとしたらヘルメットをしていてもしていなくても、頭に汗をかきやすい可能性があるため、ヘルメットを変えたところであまり効果が出ない可能性もあります。

この辺りは、個人の体質とヘルメットとの相性の部分があるので、いくつかのヘルメットを試してみて、一番汗をかかないモデルを探すしかありません。

ヘルメットによる汗は不快なだけでなく汗冷えの原因にも

ロードバイクのヘルメットは、安全性のために装着するのが必須なアイテムだが、頭が群れて汗だくになりやすいというデメリットがあります。

頭が汗でビショビショになると不快だったり見た目が悪かったりしますが、それだけでなく汗冷えの原因にもなり、汗冷えをすると風邪を引いてしまうこともあります。

そのため、ヘルメットを選ぶ際はウェアなどの汗対策も考えておくのが重要です。

汗をかかない強度でのライドをするのも大事

トレーニングなどの強度を高めたい時以外は、頭に汗をかかないくらいの強度でライドをするというのも汗対策としては有効です。

特に冬のライドは頭にかいた汗が自然乾燥することはほぼなく、暗くなって気温が下がると一気に頭から冷えてしまうこともあるので、汗冷えをしないためにも、「自分で汗をかかない程度に強度コントロールをする」というのも通気性の高いヘルメットを選ぶのと同じくらい重要です。

スポンサーリンク

安全だけでなく快適性もUP!ヘルメットに拘ろう

寒い冬のライドを快適にする工夫

最新セール

最大50% OFF クーポンを見る

Canyon

STEALTHセール

CanyonでSTEALTHセールが開催!バイクが最大28%OFF、ウェアやパーツなどが最大50%OFF!

2099年12月31日 23:59まで

セールページを見る
最大40% OFF クーポンを見る

Chain Reaction Cycles

バイク最大40%OFFセール

CRCで完成車が最大40%OFFになるバイクセールが開催!

セールページを見る
限定プライス クーポンを見る

ProBikeKit

2022年秋冬サイクリングウェアが30%オフ

PROBIKEKITでSANTINI、SPORTFUL、CASTELIなどの2022年秋冬サイクリングウェアが30%オフ!

セールページを見る
最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

最大¥2,000 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

3月1日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、3/1に使える最大2,000円OFFクーポンが配布中!先着250名限定!

2024年3月1日 23:59まで

クーポンを見る
CYCLABO-R1 10% OFF

ProBikeKit

初回ご購入限定クーポン

PROBIKEKITで初めて購入する方は、新規会員登録時に紹介コード「CYCLABO-R1」を入力すると、6,500円以上の初回注文が追加10%OFF(最大3,500円OFF)クーポンがもらえる!

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス