パッカブルウェアってなに?サイクリングでのメリットは?

公開日: 2022年1月24日

サイクリングウェアを探しているとたまに出てくる「パッカブル」という単語。パッカブルウェアとは何か、サイクリングでのメリットや上手な使い方をまとめました。

スポンサーリンク

PACKABLE = 折り畳める

パッカブルは英語のPACKABLEで、「PACKING(梱包) + ABLE(出来る)」。その意味の通り、折りたたんで包装が出来るという意味です。

サイクリングウェアでパッカブルなアイテムは、基本的にはアウタージャケットやシェルといった「ベースウェアとして着ないけど、必要なシーンが出てくる」ウェアに多く採用されています。

パッカブルの方法は様々ですが、サイクルウェアで多いのは背中部分の大きなポケットにウェアを詰め込むと小さなポシェットサイズになるというもの。

ウェアだけでなく、最近では軽量リュックなどにもパッカブルタイプがラインアップされています。

パッカブルウェアのメリットと使い方

ロードバイクなどの積載力があまり高くない自転車でサイクリングをする際や、自転車キャンプなどで荷物に制限がある場合に、収納しやすいパッカブルウェアのメリットが際立ちます。

レインウェアやウインドブレーカーに最適

パッカブルウェアは、シェルなどの雨対策ウェアに多く採用されるので、万が一のために携帯しておきたいレインウェア、ウィンドブレーカーをパッカブルにしておくと、荷物が嵩張らず身軽にサイクリングが出来ます。

ポシェットサイズなので、サイクルジャージの背中ポケットに入れておくこともできますし、サドルバッグやフレームバッグに常時収納しておくのもOK。バッグの中で広がらないので、使いたい時にサッと取り出して使えるのもメリットの一つです。

うまく利用して体温調整にも使おう

また、冬場などの寒暖差が激しい季節には、パッカブルウェアは体温調節にも役立ちます。

例えば、ライドの最初の30分だけユニクロのライトダウンのような小さく包装できるタイプの暖かウェアを着てウォームアップライドをして冷えを防ぎつつ身体を暖めて、身体が暖まってきたら脱いで小さく包装してサドルバッグなどにしまっておくことでウォームアップを早く出来ます。

また、ライドの帰りに日が落ちてしまったり、風が強くなって身体が冷えてしまった際にも、パッと取り出して暖かい防寒具として使えう事もできます。

ダウンウェアは汗をかくサイクリングで常時着用することはできませんが、パッカブルなら「必要な時にだけ着る」という使い分けをすることで、体温調整がしやすくなります。

スポンサーリンク

最新セール

特別価格 クーポンを見る

イオンバイク

イオンバイク 台数限定セール

イオンバイクで5/20から5/29までの台数限定セールが開催。今回は、クロスバイク、eバイク、電動アシスト自転車、子供乗せ電動アシスト自転車、シティサイクルが台数限定特別価格に!

2022年5月29日 23:59:59まで

セールページを見る
限定 特価 クーポンを見る

バイチャリ

車体・用品・パーツ 1000点以上値下げセール!

バイチャリのYahooショッピング店で、1000点以上が値下げされるセールが開催!中には50%OFFの特化アイテムも!滅多にないバイチャリのセール、お見逃しなく!

セールページを見る
特別価格 クーポンを見る

サイパラ

サイパラ 期間限定セール

サイクルパラダイスで5/18から期間限定セールが開催!対象の車体がサイパラ.comだけの特別価格に。5/25まで。

2022年5月25日 12:00:00まで

セールページを見る

最新クーポン

最大2,000円 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

5月24・25日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、5/24 20時から5/25まで使える、先着450名限定の最大2,000円OFFクーポンが配布!さらにポイント最大26倍!

2022年5月25日 23:59:59まで

クーポンを見る
CLEAR2022 ¥2,000 OFF

Chain Reaction Cycles

CRC クリアランスバウチャー

CRCでクリアランスアイテムを15,000円以上注文で追加で2,000円オフになるクリアランスバウチャーが配布中!

2023年1月1日 07:59:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車のパーツとアクセサリ 新着トピックス