絶対に焼きたくない人のための「サイクリングの日焼け対策」

公開日: 2021/09/25

真夏のサイクリングの天敵の一つが「日焼け」。体質や仕事柄絶対に焼きたくない!という人のための「サイクリングの日焼け対策」をまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

サイクリングでは普段と同じ日焼け対策だと焼けてしまう理由

真夏でなくてもサイクリング中は長時間日差しを浴びる

サイクリングをするとなると、動きやすい洋服やサイクルウェアを着ることが多いですが、日差しが強い夏の時期だと一日で真っ黒に焼けてしまうというのはよくある話です。

「サンオイルなどの日焼け止めを塗っておけば大丈夫でしょ」と思って帰ってきたら、こんがり焼けていてびっくりするなんてこともあります。

汗で日焼け止めが落ちる

サイクリングは体を動かしているので、当然汗をかきます。サンオイルが必要な夏のシーズンだと、それこそ滝のように汗をかくのも普通なので、顔や腕などに塗った日焼け止めは下手したら1時間くらいで流れ落ちてしまいます。

都度塗っても良いですが、体や顔がオイルでベタベタして不快になってくるので、オイルだけで対策をするのは難しいでしょう。

日差しの下に長時間いることが多い

普段の生活では、日差しが強い日でもある程度は建物などの日陰を通ることがあります。しかし、サイクリングでは基本的に日陰の少ない道を走ることが多いため、普段よりも多く紫外線を浴びます。

1時間くらいのサイクリングなら問題ないこともありますが、数時間のサイクリングの場合は普段の何倍もの紫外線を浴びるため、普段と同じ日焼け対策では不十分なのです。

サイクリングの日焼け対策

ウェアを工夫しよう

通気性・速乾性の高い長袖ジャージは日焼けを防ぎつつ快適性も高い

サイクリングで一番の日焼け対策はウェアです。

普段の通勤・通学で腕や足が出る洋服を着ている方は「腕や足を絶対焼きたくない!」という方も多いでしょうから、まず腕や足など肌の露出を最低限に抑えましょう。

最近は、真夏用長袖ウェアとしてクール素材や通気性・速乾性の高いウェアがたくさんラインアップされているので、そうしたウェアを選びましょう。黒は紫外線を吸収しやすいので、なるべく白に近い色のウェアを選ぶと良いでしょう。

なお、自転車ウェアというと、ロードレーサーのピチピチのウェアをイメージしてしまいますが、普通のスポーツウェアや普段着でも問題ありません。

スポーツ・サイクルマスクをしよう

自転車でのサイクリングは、暖かい時期だけでなく凍えるような真冬でも行われるので、顔面に当たる冷風から顔を守るためのサイクルマスクが用意されていますが、サイクルマスクは真夏の日焼け対策としても使えます。

普通のマスクでも問題ないですが、隙間焼けしてしまうのと、どうしても呼吸がしづらくなってしまうので、呼吸がしやすいように呼吸口が空いているサイクルマスクがオススメ。

日焼け止めは最強クラスを使おう

ウェアやサイクルマスクをしていても、どうしても隙間から日焼けをしてしまうため、日焼け止めも使うようにしましょう。

お肌にとってサイクリングは、真夏のビーチで日光浴をしているのとほとんど同じですから、日焼け止めを使う際は、SPF50以上・PA++++クラスの強めの日焼け止めを使うようにしましょう。

オイルタイプよりもクリームタイプのやや伸びにくい日焼け止めの方が、塗りづらいというデメリットがありますが、汗で落ちにくいのでオススメです。

スポンサーリンク

ルートを工夫しよう

自転車で日焼けをしたくない人は、ルートも工夫しましょう。

海岸沿いの道路や河川敷のサイクリングロードなど、周りに何もない道を走ると日陰がほとんどないため、かなり日焼けします。特に河川敷のサイクリングロードは周りに何もないところがほとんどなので、真夏は数時間でもこんがりと焼けてしまうことも。

同じ目的地でもルート次第で日差しの当たり方が異なる場合も

逆に、山のルートを走るヒルクライムの場合、ルートにもよりますが木々の生い茂った中を走ることが多いので、日焼けレベルとしてはやや低めです。真夏は草木が一番生い茂っているので、一番焼ける真夏には山ルートを選ぶと、涼しくて空気も美味しくて快適です(坂道は大変ですが)。

走る時間を工夫しよう

日の昇り切らない早朝なら日差しが少なく快適なライドになる

真夏は日が出ている時間が長いため、午前中から夕方までのロングライドをする方も多いですが、日焼けをしたくないのであれば、早朝ライドがオススメ。

真夏は日の出時間が早く、朝4時くらいには外が明るくなってくるので、それくらいの時間にスタートして、日が上りきる8時くらいには家に帰ってくるようにすれば、日焼けをかなり抑えることができます。

唯一の欠点は「早起き」ですが、それを乗り越えて仕舞えば、早朝サイクリングならサイクリングロードも空いていますし、真夏でも気温がやや低いので快適にライドできます。

スポンサーリンク

夏のライドで暑さに負けないための工夫

失敗しないサイクルウェアの選び方ガイド

最新セール

最大50% OFF クーポンを見る

Canyon

STEALTHセール

CanyonでSTEALTHセールが開催!バイクが最大28%OFF、ウェアやパーツなどが最大50%OFF!

2099年12月31日 23:59まで

セールページを見る
最大40% OFF クーポンを見る

Chain Reaction Cycles

バイク最大40%OFFセール

CRCで完成車が最大40%OFFになるバイクセールが開催!

セールページを見る
限定プライス クーポンを見る

ProBikeKit

2022年秋冬サイクリングウェアが30%オフ

PROBIKEKITでSANTINI、SPORTFUL、CASTELIなどの2022年秋冬サイクリングウェアが30%オフ!

セールページを見る
最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

最大¥2,000 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

3月1日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、3/1に使える最大2,000円OFFクーポンが配布中!先着250名限定!

2024年3月1日 23:59まで

クーポンを見る
CYCLABO-R1 10% OFF

ProBikeKit

初回ご購入限定クーポン

PROBIKEKITで初めて購入する方は、新規会員登録時に紹介コード「CYCLABO-R1」を入力すると、6,500円以上の初回注文が追加10%OFF(最大3,500円OFF)クーポンがもらえる!

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車のパーツとアクセサリ 新着トピックス