ロードバイクのシートポストのカスタマイズ方法と得られる効果

公開日: 2022/03/11

ロードバイク初心者でも簡単に、手軽に出来ることで定番となっているのが「シートポストのカスタマイズ・今回は、シートポストをカスタマイズする方法と、実施して得られる効果をまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

シートポストのカスタマイズ方法

ロードバイクやクロスバイクのサドルを支えているパーツがシートポスト。ここをカスタマイズする場合は、大きく分けて3つのポイントでカスタマイズをしていきます。

  1. 素材
  2. 形状
  3. 長さ

どうやってカスタマイズするにせよ、シートポストをカスタマイズする場合は「新しいシートポストを買って、サドルを交換する」だけで出来るので、初心者でも簡単に、手軽に出来るカスタマイズです。

シートポストの素材を変える

シートポストのカスタマイズで定番なのは、素材を変えることです。

多くの完成車では、アルミかスチールのシートポストを採用していますが、ここをカーボンに変えることで、「軽量化」と「衝撃吸収性」を高めることが出来ます。

ただし、シートポストの重量はロードバイク全体の中では数%ほどしかないため、大きな軽量化には繋がりにくくなります。

形状を変える

意外といろんな形状があるのがシートポスト。ベーシックな正円のものから、涙型になっているエアロ・シートポスト、そしてサドルを支える櫓と呼ばれる部分が特殊な形状になっているシートポストなど、各社色々な特色を出してくる部分です。

当然ですが、シートポストの形状はフレームに納めることの出来る形状、口径になっている必要があるため、なんでも自由に出来る部分ではありません。

長さを変える

軽量化の一環としてやるカスタマイズの一つが長さを変えること。多くの場合は、シートポストの長すぎる部分をカットして軽量化する(物理的に減らす)方法です。

シートポストの長さを変える際は、製品ごとに「最低限残しておかなければいけない長さ」があるので、その点に注意しましょう。

シートポストをカスタマイズするとどんな効果がある?

軽量化

シートポストをカスタマイズする場合のほとんどは、軽量化目的でしょう。

よっぽど重いシートポストを使っていない限り、数百グラムの軽量化は難しいですが、「サドルを付け替えて、フレームに入れるだけ」という簡単な作業で出来る軽量化なので、意外と人気な軽量化カスタマイズでもあります。

振動吸収

ロードバイクなどのスポーツバイクの場合、サドルにクッション性があまりないため、路面からの振動がそのままお尻に伝わってきます。ロングライドの場合は、振動を受け続けることでお尻が痛くなる原因にもなります。

シートポストを振動吸収性の高いカーボンにすることで、この点をやや軽減させることが可能です。

ただし、ロードバイク全体での振動の吸収性能で言えば、タイヤ、ホイール、フレームがほとんどを占めており、お尻で受ける衝撃という意味ではサドルレールの材質の影響も大きいため、シートポストの交換だけではあまり大きな効果は期待できません。

エアロ効果

正円のシートポストではなく、涙型などになっているエアロ・シートポストを採用することでエアロ効果が期待できます。ただし、エアロ効果はパーツ一つで高めるものではなく、ロードバイク全体で構築するものなので、シートポストだけをエアロにしても、エアロ効果はほぼ体感できないでしょう。

手軽にエアロ効果を得たいのであれば、サイズの合ったサイクルジャージを着用するほうが、エアロ効果が高い場合もあります。

スポンサーリンク

交換用シートポストを手がける主なメーカー

続いて、交換用シートポストを製造している主なメーカーを見ていきましょう。

  1. シマノ(PRO)
  2. Deda
  3. NITTO
  4. OneByEsu
  5. ZIPP

日本ではシマノのパーツブランド「PRO」とDedaあたりが定番です。クラシックな雰囲気が出るNITTOや、日本のフレーム、パーツメーカーであるOneByEsuも人気です。

それぞれメーカーによって特色や価格帯も異なるので、まずはこれらのメーカーのシートポストをチェックすると良いでしょう。

簡単に出来るカスタマイズ。でも、効果はあまり高くない

ここまで見てきた通り、シートポストのカスタマイズは、ロードバイクのカスタマイズの中でも、知識がない初心者でも簡単に出来るというメリットがある反面、効果が出にくいというデメリットもあります。

軽量化という点では、ホールやクランクなどの重量系パーツを軽量化した方が効果が高いですし、エアロ効果や振動吸収でも大きな効果は期待できません。

それでも、初心者が初めてロードバイクをカスタマイズするのであれば、「自分でカスタマイズ出来た」という経験が得られるという意味で、意外と満足度が高いカスタマイズでもあります。

シートポストも高い製品は1万円以上するのが当たり前ですが、費用対効果を考えて、他のパーツのカスタマイズとコスパを比較しながら、実施していくようにしましょう。

スポンサーリンク

自分に合ったポジションを探そう

最新セール

最大50% OFF クーポンを見る

Canyon

STEALTHセール

CanyonでSTEALTHセールが開催!バイクが最大28%OFF、ウェアやパーツなどが最大50%OFF!

2099年12月31日 23:59まで

セールページを見る
最大40% OFF クーポンを見る

Chain Reaction Cycles

バイク最大40%OFFセール

CRCで完成車が最大40%OFFになるバイクセールが開催!

セールページを見る
限定プライス クーポンを見る

ProBikeKit

2022年秋冬サイクリングウェアが30%オフ

PROBIKEKITでSANTINI、SPORTFUL、CASTELIなどの2022年秋冬サイクリングウェアが30%オフ!

セールページを見る
最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

最大¥2,000 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

3月1日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、3/1に使える最大2,000円OFFクーポンが配布中!先着250名限定!

2024年3月1日 23:59まで

クーポンを見る
CYCLABO-R1 10% OFF

ProBikeKit

初回ご購入限定クーポン

PROBIKEKITで初めて購入する方は、新規会員登録時に紹介コード「CYCLABO-R1」を入力すると、6,500円以上の初回注文が追加10%OFF(最大3,500円OFF)クーポンがもらえる!

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス