155cm未満の低身長ミニ女子向けロードバイクがあるメーカーと選び方

最終更新日: 2023/10/20

公開日: 2021/08/03

男性向けサイズがメインのロードバイクでは、そもそもサイズに155cm未満の低身長女性が乗れるロードバイクが少ないのが現状です。今回は、そんな女性のために低身長でも乗れるロードバイクの選び方と、女性専用ロードバイクを製造しているメーカーをまとめました。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

小柄な女性がロードバイクを選ぶ際のポイント

小柄な女性が通常サイズのロードバイクに乗ると・・・

ロードバイクは男性向けに作られているため、想定身長が170cm、小さいサイズでも160cmくらいが適正身長という製品が多くなっています。

こうしたロードバイクを155cm未満の小柄な女性が乗ると、

  1. トップチューブに跨げない
  2. ハンドルまでが遠くて身体が痛くなる

という弊害が出てきます。

小柄な女性は身長が低い分、股下も短いことがほとんどですので、ロードバイクの高いトップチューブを跨ぐことができず、そもそも乗車すらままならないこと可能性もあります。

トップチューブを跨げないということは、信号待ちなどでロードバイクの上で跨いで待機ができないため、狭い車道で毎回ロードバイクを乗り降りしなくてはならず、車道を走る上では危険です。

また、ロードバイクのフレームは股下だけでなくハンドルまでの距離(トップチューブ長)も乗車に大きく関係してくるため、トップチューブが長い通常のロードバイクに乗ると、前屈をしたようなキツイ前傾姿勢で乗車するため、肩や背中、腰を痛めてしまいます。

こうした弊害があると、乗車時にうまく乗れなかったり、信号待ちで立ちゴケしたりしてしまったりと、せっかく買ったロードバイクが苦痛になってしまう可能性があります。

安心なのは女性専用設計のロードバイク

155cm未満の低身長な女性がロードバイクをはじめるのであれば、一番安心なのは女性専用設計のロードバイクです。

女性向けロードバイクであれば、フレームサイズが390mm、対応身長145cmからという製品もあります。通常のロードバイクのSサイズやMサイズが500mm(推奨身長170〜175cm前後)くらいですので、シートチューブが10cm短くなって、跨ぐ高さが5cm前後低くなるイメージです。

GIANTのCONTEND 2(背面)とLiv AVAIL 2の比較(前面)

上の画像は、同じGIANTのCONTEND 2とLiv AVAIL 2を重ねたものですが、前面のLivの方が、トップチューブの高さが下がっていて(①)、STIレバーの位置も数cm手前になっています(②)。

女性専用ロードバイクは、クランク長、サドル形状、ハンドル幅などが女性向けサイズになっていることが多く、一般向けロードバイクを「小さくカスタムする」よりもトータルではコスパがよくなることもあります。

デメリットとしては、カラーリングの選択肢が少ない点で、「女性向けだからピンク!」といったカラーリングがどうしても多くなってしまうので、ラインアップされている女性向けロードバイクのカラーが好みでないと、ただでさえ狭い選択肢がさらに狭くなってしまいます。

フレームサイズと推奨身長が全てではない

女性向けロードバイクに好みの形状やカラーがなくても、すぐに諦める必要はありません。ロードバイクを選ぶときは、身体のサイズにあったバイクを探すのがもっとも大事ですが、フレームサイズと推奨身長は全てではありません。

ロードバイクのフィッティングの参考にするのが、フレームサイズとジオメトリ(フレームの各パーツの長さ)ですが、自分のフィッティングデータを持っていない場合は推奨身長でフレームサイズを選びます。この時に、小柄な女性は自分の身長が推奨身長になくて、諦めてしまうことが多いでしょう。

小柄な女性はフレームサイズが小さい方が乗りやすいことは間違いないですが、フレームサイズの推奨身長が多少大きくても「全く乗れない」というわけではありません。

というのも、ロードバイクの場合、地面からBBまでの距離は基本的に大きくは変わりません。これは、BBの位置を低くしすぎてしまうと、ペダルを回した時に地面に当たってしまうためです。

フレームサイズが違ってもフロントクランクの位置に差は少ない(③)

上の画像の(③)を見てもわかる通り、フレームサイズが大きくても小さくても、クランクの場所はほとんど同じです。そして、ロードバイクのフレームサイズが変わっても、その人の足の長さは同じですから、自分に合う「BBからサドルまでの距離 = サドルの高さ」は一定です(④)。

つまり、小柄な女性が推奨身長よりも少し大きいフレームを選んだとしても、サドルの位置を下げれば「漕げない」ことはないのです。

「BBからサドルまでの最適な距離」は一般的に、

  1. ペダルを一番下にして足をおく
  2. ゆるく膝が曲がる程度のサドル高

とされているので、サドルを限界まで下げた時の「BBからサドルまでの距離」が自分に合うのであれば、またぐのは大変ですが、フレームサイズの大きなロードバイクでも乗れないことはありません。

先程と言っていることがさっきと真逆になってしまいますが、もし本当に欲しいフレームがちょっとだけ大きいようであれば、フレームサイズだけで判断して諦める前に、スポーツバイク専門店で実際に試乗させてもらって、調整してギリギリ乗れるサイズなのか、カスタマイズしてポジションを最適化すれば問題ないのかを、専門店のスタッフの方に相談しましょう。

スポーツ自転車ショップのスタッフさんは、みなさん自転車好きですから、丁寧に教えてくます。

シートチューブ長だけではサイズは判別できない

ロードバイクのサイズは、基本的にBBからシートポストの一番上までの長さ、シートポスト長でサイズ表記されます。しかし、シートチューブ長はロードバイクのサイズ・フィッティングの全てではありません。

小柄な女性にとって重要なのは「トップチューブにまたがれるか?」ですが、メーカーによってフレームの形状が異なっていて、ヘッドチューブから緩やかにシートチューブにかけて下がっているフレームもあれば、平行のフレームもあります。トップチューブが太いフレームもあれば、細いフレームもあります。

またいだ時に股下にどれくらい干渉するか、痛みがあるのか、違和感があるのかは、フレームによって違うので、フレームサイズだけで諦めずに、実際に試乗するのがベストです。

スポンサーリンク

小柄な女性向けロードバイクがラインアップされているメーカー

GIANT(Liv)

GIANTは女性向けスポーツ自転車は別ブランド「Liv(リブ)」としてラインアップしています。フレームの設計も男性用モデルとは異なる女性専用設計をしているため、小柄な女性でも乗りやすいロードバイクになっています。

Liv

海外メーカーでは、XXSサイズでも日本で言うSサイズくらいのことがありますが、Livの最小サイズはXXSサイズでシートポスト長が395mm、対応身長が145〜160cmと、しっかり小柄女性向けのサイズがラインアップされています。

また、Livは女性向けサドルやサイクルジャージなども揃っているので、Livだけで女性用ロードバイクのアイテムを全て揃えることも出来ます。

自転車製造台数世界No.1のGIANTが製造しているという安心感も◎です。

SPECIALIZED Dolce(ドルチェ)

ロードレースでも多くのチームに採用されるトップメーカー・SPECIALIZEDの女性用ロードバイクがDolce(ドルチェ)。女性用のジオメトリーとコンポーネントを採用していて、サイズも44サイズはシートチューブ長が363mmと、小柄な女性にも対応するジオメトリになっています。

残念なのはバリエーションが少ない点で、基本的には1モデルになります。この点は、バリエーション豊富なGIANTのLivの方が上ですが、カラーリングがピンクなどの「ザ・女性」なカラーになっていないため、スポーティな見た目の小さなバイクを探している方には最適です。

SPECIALIZED Dolce(ドルチェ)

ANCHOR

ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランド「Anchor(アンカー)」は女性向けロードバイクをラインアップしています。

例えば、型番は男性向けと同じでも、フレームの設計を男性用モデルとは異なる女性専用設計になっているため、「ただ小さいだけじゃない」のがポイントです。

WOMEN’S | ANCHOR

Anchorの女性向けロードバイクは、サイズが390mm、420mm、450mmの3サイズ展開で、対応身長は145cmから169cmと、しっかりと身長の低い日本人女性向けになっています。

日本の上場企業であるブリヂストンが手掛けているため、日本人女性もしっかりターゲットにしているのが◎です。

khodaa bloom

日本の自転車メーカー・ホダカのスポーツバイク向けブランド「khodaa bloom(コーダーブルーム)」では、なんと350mm(適応身長:135~150cm)サイズのロードバイクがラインアップされています。

ホイールサイズがロードバイク向けの700Cよりも小さい24インチサイズになるため、女性向けというよりかはジュニアバイクに近いですが、身長が150cm未満のミニ女子の方にはぴったりなサイズです。

STRAUSS 24

khodaa-bloomの他のロードバイクも、430mm(155-170cm)からラインアップされているため、155cm未満の女性でもギリギリ乗れるサイズです。

NESTO

日本の自転車メーカー・ホダカのサブブランドで、高品質でコスパが高いブランドが「NESTO(ネスト)」。

ロードバイク | NESTO

NESTOでは女性向けロードバイクを別ライン(女性専用)にはしていませんが、フレームサイズが430mm・身長150cmからラインアップしています。シートチューブ長が430mmだと、155cm未満の小柄な女性ではやや股下が厳しいですが、乗ることは可能です。

嬉しいのは、エントリーモデルで8万円未満で購入できるFALADにもフレームサイズ430mm(150-165cm)がラインアップされている点で、小柄な女性でもお手頃価格でロードバイクがはじめられます。

低身長女子向けロードバイクに関するよくある質問

Q.

低身長の女性が一般サイズのロードバイクに乗ってはいけない?

A.

低身長の女性でも、フレームサイズが合えば一般サイズのロードバイクに乗っても問題ありません。

ただし、一般サイズのフレームの場合、サドルを上げる前提のジオメトリ的になるため、身長に合わせてサドルを下げると、ハンドルが上になる「アップライトなポジション」になることがあるため、深い前傾姿勢を取りづらくなる可能性があります。

Q.

女性向けのロードバイクで好きなデザイン・カラーがない

A.

大手ロードバイクメーカーの女性向けラインは、女性っぽさを出すためにパステルカラーやピンク系の色がメインになることが多く、好みのデザインでないという方もいます。そういう方は、サイズ展開が広い大手ロードバイクメーカーを選ぶと良いでしょう。

例えば、ドイツ・メーカーのCanyonは、ほとんどのモデルで2XSサイズ、もしくは3XSから展開して身長155cm未満の方にも対応しています。

Q.

フレームサイズの推奨身長は自分の身長より大きい方が良い?小さい方が良い?

A.

フレームサイズの推奨身長は、ロードバイクでは「自分の身長より小さい方に合わせる」というのが一般的です。というのも、ステムやサドルなどを交換することでポジションを遠く・高くすることは可能ですが、フレームを小さくすることは物理的に不可能だからです。

例えば、メーカーサイズでS(対応身長145-160)とM(対応身長155-170)の二つがあった場合、身長155cmの方はどちらもサイズにも乗ることが出来ますが、S(対応身長145-160)を選んだ方がより細かいポジション調整ができます。

スポンサーリンク

女性のためのロードバイクガイド

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

10% OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 10%OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品が10%OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る
¥100 OFF

パナレーサー

クーポンを見る

対象商品 100円OFFクーポン

パナレーサー楽天市場店で、楽天市場店の閉店に際して、対象商品(空気入れ)が100円OFFになるクーポンが配布中!6/11 深夜1:59まで。

2024年6月11日 01:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車の選び方 新着トピックス