無料で軽量化!速く走りたいならダイエットしよう

公開日: 2020/10/07

速く走りたいならダイエットがベスト!運転者本人が減量すれば、金をかけなくても無料で軽量化ができます。

編集ノート: cyclaboでは、パートナーリンクからコミッションを得ています。コミッションが記事の意見や、サービスの評価に影響を与えることはありません。

スポンサーリンク

走行性能に影響があるのは「車体重量 + 運転者の重量」

ロードバイクなどの速度を求める自転車に乗っているなら、車体が軽ければ軽いほど、楽に速く走れるということは知っているでしょう。

しかし、走行性能に影響があるのは車体重量だけではありません。運転者本人の重量、つまり体重もそのまま走行時の荷重になります。我々が自転車走行中に引っ張っているのは、車体だけでなく自分自身の体重も引っ張っているのです。

例えば、体重60kgの人間が車体重量が9kgのロードバイクに乗っているとしたら、走行時の荷重は69kgです。車体を1kg減らしても、本人の体重を1kg減らしても、どちらも荷重-1kgとなるので軽量化効果は同じです。

車体は100g軽量化で1万円、体重なら無料で1kg軽量化可能

ロードバイクなど軽量化を求める自転車では、「車体100gあたりの軽量化コストは1万円」と言われています。

実際に、ロードバイクを軽量化させようとすると、数万円する軽量ホイールに交換したり、ハンドルやシートポストをカーボン製にしたりと、軽量化にはかなりコストがかかります。

一方で、ガリガリの方でない限り、本人の体重は適切な食事制限とトレーニングで1ヶ月で1kgぐらい減量することは決して無理なことではありません。

走る時の荷重への影響は車体を減らしても本人の体重を減らしても同じですから、まずは体重を減らして「走れる身体にする」のが先でしょう。

自転車の走行能力を上げるなら「脂肪を落とす」のがベスト

体重を落として自転車の走行能力を上げるときは「落とすモノ」も重要になります。

過度な食事制限などで体重を落とすと、筋力まで一緒に落ちてしまうので、走行能力が落ちて島一マス。落としなら脂肪を落とすのがベストです。

体脂肪率が10%を切っている方は別として、脂肪は減らしても自転車の走行に影響の少ない部分です。脂肪と筋肉では、質量的には20%ほど脂肪のが軽くなりますが、それでも無駄な脂肪をなくすことで、運転者の重量を軽量化できます。

スポンサーリンク

最新セール

最大40% OFF クーポンを見る

ワイズロード

ワイズロードオンライン サイクルウェアセール

Y's Roadでサイクルウェアセールが開催!冬ライドに必須の冬ウェアが最大40%OFF!

セールページを見る

最新クーポン

1,100円 OFF

イオンバイク

クーポンを見る

イオンバイク楽天市場店 1,100円OFFクーポン

イオンバイクの楽天市場店で、6/1から6/25まで使える、税込20,000円以上で税込1,100円OFFクーポンが配布!今回は長めなので狙い目!

2024年6月25日 23:59まで

クーポンを見る
最大¥2,000 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

6月20日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、6/20に使える最大2,000円OFFクーポンが配布中!先着50名限定!

2024年6月20日 23:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車トレーニング 新着トピックス