ロングアーチブレーキの特徴とアップグレード方法

更新日: 2022年6月8日

公開日: 2021年9月21日

太いタイヤを装着したロードバイクやクロスバイクに採用される、ロングアーチブレーキ。その特徴とアップグレード方法をまとめました。

スポンサーリンク

なぜロングアーチブレーキが採用されるのか?

自転車のキャリパーブレーキには、アーム部分が短い通常モデルと、アーム部分が長いロングアーチモデルがあります。ロングアーチモデルは、タイヤとフレームのクリアランスが広いのが特徴です。

28Cや32Cなどの太いタイヤのロードバイク、クロスバイクにキャリパーブレーキを採用しようと思うと、クリアランスが広い(フレームとホイールのリムまでの距離が長い)ため、ロングアーチのブレーキが必要になります。

上位グレードのロードバイクやクロスバイクの場合は、フレームとリムとの距離に関係がないディスクブレーキが採用されるのですが、格安ロードバイクや、クロスバイクの場合、パーツ価格が高いディスクブレーキにすると販売価格を上げる必要がある(格安バイクにならない)ため、結果としてロングアーチブレーキを使いしかないというわけです。

ロングアーチブレーキの交換は可能?

ロングアーチブレーキが搭載されたロードバイク・クロスバイクでは、通常のショートリーチタイプのキャリパーブレーキが使えません。取り付けたとしても、ブレーキシューがホイールのリムまで届かない(タイヤを擦ることになる)ため、必然的にロングアーチブレーキとの交換となります。

問題はロングアーチブレーキの種類が少ない点で、シマノで言えばBR-R650やBR-R451くらいしか選択肢がありません。

BR-R650は105グレードなので通常用途なら十分ですが現在は市場にほぼ流通していませんし、BR-R650以上のグレードのパーツは残念ながらラインアップされていません。

シマノ以外では、TEKTROやPROMAXにロングアーチブレーキのラインアップがありますが、シマノのロングアーチブレーキよりはやや下の性能と言われます。

現実的にはBR-R451へのアップグレードが唯一の選択肢になりますが、BR-R45以上に高い制動力が欲しいのであれば、通常タイプのリムブレーキに対応するフレームや、今ならディスクブレーキ対応フレームに交換することになります。

ロングアーチブレーキ以外のブレーキは取り付けできる?

ショートリーチのキャリパーブレーキは取り付けできる?

どうしても、ULTEGRAやDURA-ACEのキャリパーブレーキなどの、ショートリーチのブレーキを使いたい場合は、ブレーキシューの長さを延長する「オフセットブレーキシュー」というアダプタを使用するのも一つのてです。

ギザ SR-CNC1 オフセット ブレーキシュー

アダプタを使うデメリットとしては、シマノが想定しているストッピングパワーを得られない可能性がある点。

シマノの公式のパーツでない上に、構造的にキャリパーを閉める力がアダプタから逃げるのを避けられないので、せっかくの上位グレードの性能が無駄になってしまう可能性があります。

ディスクブレーキ化はできる?

ロングアーチブレーキを採用しているロードバイク・クロスバイクの場合、タイヤとフレームのクリアランスが広いため、フレームの構造的にはディスクブレーキ車に近いものがあります。

ただし、ディスクブレーキ化するとなると、フレームに取り付け台座が必要になるため、フレームに台座がない場合はディスクブレーキ化はできません。

また、ホイールもディスクブレーキ専用のモデルに交換が必要になるため、ブレーキの交換よりもかなり高額なアップグレードになってしまいます。

ロングアーチブレーキのバイクとどう付き合う?

ロングアーチブレーキ採用車は、ブレーキのアップグレードという意味では通常のロードバイクと比較すると選択肢が狭くなってしまうため、購入前にその点を理解しておくのがベストですが、「知らずに買って交換しようと思ったらロングアーチだった」という人が多いでしょう。

もし、ロングアーチタイプのロードバイク・クロスバイクのアップグレードをするのであれば、今後そのバイクとどう付き合っていくかを一度しっかりと考えましょう。パーツの選択肢を考えると、中途半端にアップグレードをするよりも買い替えた方が安く上がることももあるからです。

28Cや32Cなどの太いタイヤを装着したいのであれば、最近はエントリークラスでもディスクブレーキ車が増えてきているので、今のロードバイクを売却してディスクブレーキ車に乗り換えるというのも手です。

ホイールメーカーが上位グレードホイールをディスクモデルのみになるなど、ここ数年の業界の流れは確実にディスクブレーキの方向になってきてるいるため、その辺りも考慮すると良いでしょう。

ブレーキについてもっと知ろう

スポンサーリンク

最新セール

特別価格 クーポンを見る

イオンバイク

イオンバイク 台数限定セール

イオンバイクで8/10 朝10時から8/21までの台数限定セールが開催。今回は、クロスバイク、eバイク、電動アシスト自転車、折り畳み自転車が台数限定特別価格に!

2022年8月21日 23:59:59まで

セールページを見る
最大50% OFF クーポンを見る

Chain Reaction Cycles

2022 サマーセール

CRCで最大50%OFFの、2022年サマーセールが開催!ロードアイテムもMTBアイテムも今だけの特価!9/2 朝8時まで

2022年9月2日 07:59:59まで

セールページを見る
特別価格 クーポンを見る

サイパラ

サイパラ 期間限定パラダイスセール

サイクルパラダイスで1600アイテム以上が一斉値下げの超サマーセールがスタート!中古車、中古アイテムをお得に買うチャンス!

セールページを見る
最大50% OFF クーポンを見る

ProBikeKit

PBKサマーセール

PROBIKEKITで、2022年のサマーセールがスタート!タイヤ、ホイールなどの人気アイテムが最大40%OFF。8/16 19時まで

2022年8月16日 18:59:59まで

セールページを見る
5% OFF クーポンを見る

ワイズロード

完成車 2 BUY 5%OFF

Y's Roadで、完成車を2台同時に購入すると会計時に追加5%OFF!店舗受取でも、配送でもOK!9/1 朝10時まで。

2022年9月1日 09:59:59まで

セールページを見る
最大30% OFF クーポンを見る

ワイズロード

2022 サマーウェア MAX30%OFFセール

Y's Roadで、夏ウェアが最大30%OFFになるセールが開催!8/21までの限定開催です。

2022年8月21日 23:59:59まで

セールページを見る

最新クーポン

最大2,000円 OFF

サイクルベースあさひ

クーポンを見る

8月20日限定!クーポン利用で最大2,000円OFF

サイクルベースあさひ楽天市場店で、8/20に使える、先着200名限定の最大2,000円OFFクーポンが配布!さらにポイント最大222倍!

2022年8月20日 23:59:59まで

クーポンを見る
CLEAR2022 ¥2,000 OFF

Chain Reaction Cycles

CRC クリアランスバウチャー

CRCでクリアランスアイテムを15,000円以上注文で追加で2,000円オフになるクリアランスバウチャーが配布中!

2023年1月1日 07:59:59まで

クーポンを見る

全てのセール・クーポンを見る

自転車とメカニクス 新着トピックス